バンビーな備忘録

名探偵コナンが大好きな学童保育指導員が運営するブログ

バンビーな備忘録

子供達と外遊びをすると服と靴がすぐ汚れる

外遊び

砂場遊びをする男の子

学童保育所では、1日1時間~1時間半ほど外遊びの時間を設けています。ですが無理に全員連れていく訳では無く、風邪気味の子やケガをしている子、室内で遊びたいという子などは指導員1名と一緒に部屋でお留守番をします。毎日2~3人はお留守番してますかね。

 

特に今は、風邪やインフルエンザがかなり流行っていますから、外遊びを控える子も多いです。

 広告

 

外遊びの内容は本当に様々で、ドッジボール、ドロけい、色おに、増えおに、フリスビー、縄跳び、冒険ごっこ、バレーボール、バドミントン、バスケットボール、野球、サッカーなどなど...ボールが各種揃っており、一通りのスポーツは出来るようになっています。

 

外遊びの間、指導員は何をしているのかと言いますと、全力で遊びに混ざります!(笑)これがま~物凄く疲れるのです!楽しいですけどね。しかも靴と服がかなり汚れますから、高い服なんて着ていけません(笑)新品の靴でも、1日出勤しただけでかなり茶色く汚れてしまいます。グラウンドの土が憎い...!(笑)仕方ないので、もう靴は1年周期で使い捨てにしています。

 

このタイプの靴を履いているのですが、1年でダメになるほど走り回ります。学童保育指導員になろうと思っている方、絶対に白い靴は履いちゃダメですよ!(笑)必ず後悔する事になります(笑)

 

服はどうして汚れるのかと言いますと、

 

子供達が砂遊びをしたままの手で、平気で抱き着いてくるからです...!

 

服も、白だけは絶対にやめておいた方が良いです。黒、又は灰色のトレーナーにジーンズ、ショートパンツという方が多いですね。

 

こういう動きやすく、腕を捲りやすい服が大活躍します。保育の仕事をしている時は、オシャレなんてしていられません。機能性重視です(笑)

 

ちなみにデカデカとキャラクターがプリントしてあったりすると、低学年の子達は食いついてくれて、そこから話が広がったりもしますよ。

指導員が怪我をする事も...

外遊びは、指導員がケガをする事もあります。全力で走り回るので、たまにすっころんだりして結構恥ずかしいのです(笑)大人になっても転ぶ事があるなんて思いませんでした。なんでしょう、童心に返っているのに体が付いていかないのです。それが歳を取ったっていう事なのでしょうね~軽くショック...。

 

一応まだ20代前半なんだけどな~!(笑) 

遊び道具

学童で使用している遊び道具を少しだけご紹介します。

 

 大繩

 

大繩跳び用の縄です。結構丈夫に出来ていますしグリップが握りやすくて回しやすいです。指導員は回す係になる事の方が多いので(笑)

 

ドッジビー

 

ドッジビーとは、簡単に言えば柔らかい素材で出来たフリスビーです。ボールでは無くこの柔らかいフリスビーを使ってドッジボールを行います。また、普通にフリスビーとしても使えるので結構重宝しています。柔らかい素材で出来ているので、顔に当たっても痛くないのが嬉しいですね(笑)

 

 バレーボール

 

大き目で色も可愛く、子供達に人気のボールです。とても柔らかいのでバレーボールをした事が無い子でも痛くないようです。また、ドッジボールをするのにも適しています。当たっても痛くないのでボールが怖いという子も一緒に楽しめています。

おわりに

いかがでしたか?

そんな訳で、今日も靴を真っ黒にして帰宅しました(笑)真っ黒な靴で電車に乗るのって結構恥ずかしいのですよね。もし電車やバスで靴が汚い人が居たら、それはもしかすると保育の仕事に携わっている人かもしれません...!

 

必ずしも「靴が汚い=だらしない人」では無いという事をご理解ください...(笑)本当は、外遊び用の靴を持参して通勤は別の靴にするのが1番良いのですが、荷物が増えるのが嫌なのです...。あれ?これって結局だらしない人に分類されるのか...?(笑)まあ細かい事は気にしない!

 

では、明日もせっせと洗濯に靴洗いに精を出したいと思います(笑)

 最後までお付き合い頂き有難うございました。