バンビーな備忘録

漫画大好きなヲタク主婦が運営するブログです

バンビーな備忘録

【感想】あなたのことはそれほど最終回

あなたのことはそれほど最終回!

青空

バンビです!『あなたのことはそれほど』終わっちゃいましたねー!毎週楽しみにしていたドラマだったのでちょっと寂しいな。個人的には『逃げるは恥だが役に立つ』以来の良作だと思っています。特に東出昌大さんの演技が妙にハマっていて素晴らしかったです(笑)

  広告

 

でね、最終回も最後の最後でスッキリ気持ち良く終わってくれて大満足!と、言いたいところなんですが...正直最終回はなんか期待外れだった...(笑)

 

何故有島光軌が許された...。

 

ていうか麗華あんだけブチ切れていた割にはキス一回で許しちゃうとかそんな事ある!?普通だったらあの局面での突然のキスは逆効果以外の何物でもないと思うんだけどなぁ...(笑)

 

これぞまさしく惚れた弱みってやつなんですかねぇ。でもねぇ、私は妻という立場からこのドラマを見ていましたが、もし夫にあんな事されたら簡単には許せないだろうし一生恨み続けると思います。妊娠中の裏切りって本当に許せない。男性には分からないかもしれないけど、私は麗華の気持ちが痛いほど良く分かりました。...途中までは。

 

そう、途中までは...ね(笑)

 

有島光軌に関しては、美都に送った最後のLINEに有島の自己中心的な性格が反映されていてある意味清々しかったです。清々しいほどのクズ(笑)自分からふっかけておきながらバレてヤバい事になったら上から目線でさようならの挨拶をするなんて、本当に人としてどうかしてるわ。麗華はあんな男の何処が良いのかしら!?(笑)

 

美都も美都で人としてどうかしてると思うけど、有島の自己中心的な性格もかなり質が悪いと、最終回にして改めて思いましたね。一日六時間を無駄にしてわざわざ娘に挨拶するためだけに妻の実家に通うなんて、劇中で麗華も言っていましたが本当にただのパフォーマンスでしかない。自分の行動に酔ってるだけのただの自分大好き男って感じ。

 

最終回ではただただ有島夫妻(とくに夫側)にイライラさせられっぱなしでした。

 

渡辺夫妻の方はもう...涼ちゃんにあっぱれと言いたい。そうじゃないかなー?とは思っていましたが、やっぱり『あなたのことはそれほど』って涼ちゃんの美都に対する気持ちだったんですね。酷い裏切られ方をしたせいで途中狂いに狂ってしまったけど、最後涼ちゃんが清々しい顔をしていてスッキリしました。

 

美都が、涼ちゃんの愛を『優しい暴力だった』なんて言っていましたけど、きっと視聴していた人のほとんどが『お前の裏切りはただの暴力だろ!』と、心の中で突っ込みを入れた事でしょう(笑)

 

まったくどの口が言ってんだ。

 

まあでも美都も罰が当たって多少は反省してるみたいだし、渡辺夫妻に関してはこれで良かったよね。結局、美都一人が全てを失ってしまった訳ですが、まあ彼女は懲りずにまた一から恋をするんでしょう。今度こそ、お天道様に顔向けできるような綺麗な恋愛をして欲しいものです。

 

そうそうもう一つ。小田原さんのあの設定は必要だった?(笑)最終回でもう一回ぐらい小田原さんと涼ちゃんの絡みがあるのかなーなんて思っていたのですが、最後にチロッと一緒に仕事をしているシーンがあっただけで、それ以外は特になかったですよね。

 

美都とのシーンはあったけどね。いやあんな事があったのにしれっと小田原さんに相談出来る美都も美都よ(笑)小田原さんにとって美都は、自分の好きな人を傷付けた人、でも自分の好きな人が愛している人でもある...複雑で苦しいポジションでしたね、小田原さん。そういう心の葛藤みたいなものを描くための設定だったのかな。

 

 とまあ最終回にして色んな事が起こった『あなたのことはそれほど』ですが、一番の大どんでん返しは香子でしょう。いやいやいやいや、医院長先生と出来てたなんてかなりショック...。あの美貌で三年以上彼氏がいないとかいう設定もかなり無理あるし...(笑)まあ本人達が幸せなら...いや、応援は出来ないな(笑)

 

うーん全体的にちょっと雑だなーという感じの最終回で、突っ込み所も多々あったんですが、まあこれまでが面白かったから良いかなって感じですかね。最後の、柴犬が寄って来る演出はなんか面白くて好きだった(笑)

 

このドラマで波瑠さんの好感度がダダ下がりとかいう話を聞きましたが、それだけ美都になり切っていたって事なんでしょうね。それにしたってドラマと現実を混同してしまう人達の気持ちは良く分からないや。波瑠さんには、そんな世間の声に負けずこれからも色んな役を演じて欲しいなと思います。

 

いやー三ヶ月間本当に楽しかった!キャスト&スタッフの皆さんお疲れ様でした!