バンビーな備忘録

漫画大好きなヲタク主婦が運営するブログです

バンビーな備忘録

リライトをする事で見えてくる自分自身の成長

リライトをすると過去の記事のショボさに気付く

落ち込む女性

バンビです!実はここ一週間ほど、大規模なリライト作業に取り掛かっています!SEO的な意味でリライトが必要な記事を優先的に、一記事一記事目を通して追記出来そうなところは追記し、言い回しがおかしいところは修正し、とかなり地道で時間のかかる作業です。

まあまあそれはね、今まで私がリライト作業を怠ってきたツケが回ってきたという事なので大いに反省しながらゆっくりと格闘していこうと思っています。

 

問題はね、更新月を遡る毎に増えていく薄っぺらい記事たちなのよ。なに...なんなの...なんでこんなに中身のない記事ばっかりなの!中身が無さ過ぎて恥ずかしいなんてレベルじゃないですよ。もはやそんなものを量産してしまって申し訳なくなるくらい。それくらい中身が無いです。いやはやリライトをするって自分の記事を客観的に見るという意味でも大切なんだなと気付かされましたね...(笑)

当時はそれで良しと思っていた

そんな中身のないいわゆる"ゴミ記事"でも、当時の自分はそれで良しと思っていたんですよね。それどころか、「よし!頑張って2000文字までいけたぞ!」なんて無駄な達成感に満ち溢れていたわけです。ブログを10ヶ月近く続けてきた今だからこそ思う事ですが、何故そこまで質を蔑ろに出来るんだ...重要なのは質だよ質!

 

ブログを始める時に、アクセスを伸ばすにはどうするべきかと言う事を検索しまくった結果がこれですよ。量にばかり気を取られてしまっていたんですね。それでやった気になっていたんです。

 

★アクセスが増えるのは3ヶ月経ってから
★最低でも一記事1000文字は書く
★100記事超えた辺りからアクセスが増える

 

大体どの記事もこんな風に書いてあると思いますが、書かれていた事を何も考えずに実行した私は相当あほですね。「質を重視したうえで、量にも気を配るという意味に決まってるじゃないかー!当時の自分なんで気付かないんだー!量を増やすだけなら誰にでも出来るじゃんかー!」と、自分で自分に突っ込みまくりです。

 

本当にお恥ずかしい。もうちょっと、もうちょっとだけ早く気付きたかった。

それに気付いたという事は成長したという事

 なんだかちょっと無理矢理ポジティブに考えている感が否めないですが...(笑)でも、当時の記事が薄っぺらいという事に気付いたというのは、自分自身が成長出来ている証拠でもあると思うんです。成長出来ていなかったら、過去の記事を見たところで「うんうん良く書けてる!文字数も頑張ったなぁ!」なんて自画自賛しただけで終了してしまいますよね。

 

逆に成長出来ていると、記事のどんなところがダメなのか、何が足りていなかったのか等が自然と見えてきてとにかく修正したい衝動に駆られます(笑)もうね、酷すぎて直視出来ません。

 

★文章力
★記事の構成
★デザイン

 

 私の場合、過去の記事を見る限りこの3点は確実に成長出来ていると思います。というかそう思いたい。現段階でもまだまだ直すべきところは沢山あると思うのですが、過去の記事に比べたら見やすく読みやすい記事へと変わっているはずです。

 

なんというか、過去の記事は読んでいて全く面白くないどころか何を言ってるのか良く分からない時があるんですよね。良くこんな記事あげてたなって思う事もしばしば。しかも色を全く使っていないので読んでいて飽きてくるし、無駄に長ったらしかったりもします。

 

早く修正せねば...。

リライトは自分の成長を知る良い機会

やはりリライトというと、SEO的な意味で行わなければならないというイメージが強いかもしれませんが、自分自身がどのくらい成長出来ているのかというのを知る機会でもあります。

 

ありますなんて言ってますが私も今回の大規模リライトで実感したのですがね!こんなド素人の私ですら10ヶ月書き続けると成長を感じられるくらいにはなるんだなと。というか最初の記事が酷すぎただけかもしれない...これでやっと人並みになったって事かな(笑)

 

いずれにしても、リライトというのは最新の情報を追記するだけでなく、ブログを客観的に見る事が出来て、悪いところを修正する、いらない箇所を削除するといった事が行えるのでやった方が良いです。よりクオリティの高い記事へと進化させるという事ですね!自分自身の成長に合わせて過去の記事たちも成長させてあげましょう。私の場合その作業が必要な記事が200記事程あるんだなぁ...(笑)

 

★ちなみに★
・リライトのしようがない記事は削除してしまうのも手です

 

成長を知ると同時にどう頑張ってもクオリティの高い記事に成り得ない記事というものも出てくるのですが、そういう時は削除してしまうのも手ですよね。とはいえ私は出来る限り残しておきたい派なんですが!

終わりに

 という事で今回はリライトに関するお話でした。実は前にも一度リライトについて似たような事を書いた事があるのですが、その時の記事と比べても今の方が記事のクオリティとしては良い感じだと思います。まああまり言うと自画自賛のような感じになってしまいますのでここら辺にしておきますが!

 

ではでは最後までお付き合い頂きありがとうございました。バンビでした!