バンビーな備忘録

漫画大好きなヲタク主婦が運営するブログです

バンビーな備忘録

台風の時は学童保育もお休みになるの?お休みだったらどうするの?

台風の時でも学童保育所は開いているの?

傘をさす女性

バンビです!今回は台風の時の学童保育所側の対応についてお話していきたいと思います。つい先日も超大型と呼ばれる台風が日本列島を直撃し、各地にその爪痕を残していった訳ですが、恐らく大雨強風などの警報が出ていた地域では、臨時休校になった小学校も多いのではないかと思います。

 

そんな時、学童保育所側はどう対応するのか詳しくご説明します!

 広告

 

台風の時でも開所しているところはある!

結論から言いますと自治体によっては台風の時でも開所しています

 

共働きの家庭では、お父さんもお母さんも台風だからと言って子供と一緒に家で過ごす事は出来ませんよね。今の日本社会では、警報が出ていようが注意報が出ていようがそう簡単に仕事を休ませてはもらえません。そのため、突然の臨時休校となると困ってしまう保護者の方が多いのです。

 

そんな時に、やっぱり子供は一人で留守番させるしか無いの?というとそうでもありません。小学校が臨時休校となった場合でも開所している学童保育所はあります。ただし、前述のとおり自治体によって異なりますのでそこは各自確認が必要となってきます。

 

★ポイント★
自治体によって判断は異なる!前もって学童に直接問い合わせておこう!

 

ちなみに私のところの学童保育所は台風の時でも開所しています。正直電車に乗って通勤している身としては休みにして欲しかったりもするのですが(笑)それでも私達指導員が出勤する事によって助かる保護者の方が沢山いらっしゃると思うのでそこは頑張りますよ!

警報中に子供を出歩かせるなんて身の安全は確保出来るの?

 『学童が開いているのは嬉しいけど、警報が出ている時に子供を一人で出歩かせるのは心配...。』という方はかなり多いのではないでしょうか。恐らく共働きの親御さん達にとってここもとても気になる所なのではないかなと思います。

 

結論から言いますと、警報発令時の来所及び帰宅に関しては保護者の送迎が必要な所がほとんどです。子供を一人で出歩かせるという事はありません。それじゃあ仕事に間に合わない!という方もいらっしゃるかもしれませんが、こればっかりはどうする事も出来ません。指導員が子供達の自宅を一軒一軒回って迎えにいくというのは実質不可能ですので保護者の方に連れて来て頂く必要があります。

 

★ポイント★
警報発令時は保護者の送迎が必須!

 

 ちなみに、臨時休校が発表される時刻によって学童の開所時刻も変わってきますので、そこは事前に指導員に確認を取るか子供が通う学童保育所のホームページが存在する場合はそちらで確認するようにしてください。なお朝に臨時休校が発表された場合は朝から開所している所が多いと思われます。

学童保育が開いていなかった場合はどうすれば良いの?

『子供の通う学童保育所は臨時休校時に開所してくれない...。』と嘆いていらっしゃる方、とにかく知恵を絞りだして子供の身の安全を確保してあげましょう。一人で留守番というのは避けたいところですよね。

 

学童保育以外の手段としてはこんなものが挙げられます。

 

★祖父母に預かってもらう
★仲が良い子の家で預かってもらう
★シッターを利用する
★仕事を休む

 

とりあえずパッと思い付いた四つの手段です。どれが一番良いか、どれが一番合っているかなどはご家庭の事情により様々だと思いますが、一般的に難易度が低いと思われる順となっているのではないかなと思います。では上から順番に詳しく解説していきますね。

 

★祖父母に預かってもらう★

 

恐らく一番手っ取り早いのがこれです。台風での臨時休校というのは一年を通してもそう何度も起こる訳ではありませんし、たまになら祖父母(親御さんから見て父母)に預かってもらうのも良いのではないでしょうか。子供と祖父母が仲良しであれば祖父母の家に遊びに行くというのはワクワクする事でしょうし悪くないと思います。

 

ただ、父方母方どちらの祖父母も遠方となると難しいのがネックすね。臨時休校となると前泊するわけにはいきませんから、近場に住んでいる方限定となってしまいます。

 

★仲が良い子の家で預かってもらう★

 

こちらも割と手っ取り早いかなと思います。子供同士の仲が良く、且つ共働きでないご家庭に子供を預かってもらうという方法です。私の学童でもあえて学童に行かせずこの方法を取っている方が何名かいらっしゃいます。子供としても、どうせなら一番仲が良い子と遊びたいですからね。

 

ただしこの方法は仲の良いママ友さんが居る事が前提となります。意外とハードル高いかもしれないですね(笑)家族ぐるみとまではいかなくても、やはりお母さん同士の仲が良くないと頼みづらいです。もし幸運にも預かってもらう事が出来た場合は、子供を迎えにいく際にしっかりとお礼の品を持っていきましょう。

 

★シッターを利用する★

 

シッターと聞くと赤ちゃんや未就学児を預かるベビーシッターを想像する方が多いかと思いますが、実は小学生を見てくれるシッターさんも数多く存在します。祖父母の手を借りられない、ママ友の手も借りられないという方はシッターを利用するのが一番です。『シッター 小学生』などと検索すれば出て来ますので是非検討してみてください。

 

ただしシッターさんにお願いするとなるとそれなりにお金がかかります。大体一時間1000円~1500円くらいが相場ですから、丸一日預かってもらうとなるとかなり痛い出費です。

 

★仕事を休む★

 

誰の手も借りられないというのならもう諦めて仕事を休むしかないです。大きいお兄ちゃんお姉ちゃんが居る場合は子供達だけでお留守番させる事も出来るでしょうが、一人っ子だったり兄弟全員が低学年だったりすると子供だけで留守番させるのは大変危険です。一日くらい大丈夫だろうという油断が思わぬ事故を招く事もありますので、子供の安全を最優先に考えましょう。

 

とは言え正規雇用の場合はそんなに簡単に休めるものではありませんよね。職場の人に理解してもらうのはとても大変です。もし休みを頂いた場合は、別の機会に今度は他の誰かを助ける側になってあげてください。

終わりに

という事で、臨時休校時の学童保育所の対応、及び学童が開いていない場合の保護者の対応の仕方についてご紹介いたしました。働くお父さんお母さんは緊急時に何かと困ってしまう事が多いかと思いますが、そんな時は無理をせず周囲の人間に助けを求めてみてはいかがでしょうか。

 

学童保育所を利用するもよし、祖父母に助けてもらうもよし、ママ友にお願いするもよし、シッターさんにお願いするもよし。皆で助け合って子供達の成長を見守っていければと思います。

 

では、最後までお付き合い頂きありがとうございました。バンビでした!