バンビーな備忘録

漫画大好きなヲタク主婦が運営するブログです

バンビーな備忘録

はれのひ騒動は他人事ながら怒りと悲しみが込み上げてくる

はれのひ騒動

初詣

どうも!バンビです!皆様、ご挨拶が遅くなってしまいましたが新年あけましておめでとうございます。2018年も『バンビーな備忘録』を宜しくお願い致します。ありがたい事に最近は別の副業で忙しく、昨年に比べたらブログの更新頻度もガクンと落ちてしまうと思われますが、記事を更新した際には懲りずにふらっと立ち寄って頂けますと幸いです。

 

では早速本題に入らせて頂きたいと思いますが...正直新年一発目の記事がこんな記事になってしまうのは私としても不本意と言いますか、かなり悲しく思っています。

 

知らない方は居ないでしょう。成人式当日に着物の販売、レンタルを行っていた業者がお客様から預かった振袖を持ったままトンズラした事件。もうね、悪質なんて言葉じゃ済まない大事件だと、個人的に思っています。成人式当日に業者がトンズラなんて一体誰が思いつくというのです?しかもお客様の大事な振袖を持ったまま。女性として、日本人として絶対に許す事は出来ません。

 

私自身、数年前に振袖を着て成人式に出席しました。その時の楽しかった気持ちや嬉しかった気持ち、ワクワクした気持ちというのは主婦になった今でも鮮明に覚えています。もう数年前の話だというのに、毎年この時期になると当時撮影した写真を見返したりもします。それだけじゃありません。両親、祖父母、親戚、みんな私の振り袖姿を喜んでくれました。私にとって成人式というのは、そのくらい素敵な思い出になっているという事なんです。

 

『はれのひ-harenohi』という悪徳業者は、そのすべてを新成人の女の子達から奪い取ったんです。女の子だけでなく中には袴を予約していた男の子も居たかもしれません。ご両親や祖父母の気持ちまでも踏みにじりました。身内が巻き込まれた訳でも後輩が巻き込まれた訳でもありませんが、ニュースでこの事を知った時は怒りが込み上げて仕方ありませんでした。

 

何故、新成人たちが成人式という人生で一度しか経験出来ないとても大事な式典への出席を諦めなければならなかったのか。何故、なんの落ち度もない女の子が涙ながらに「親に申し訳ない。」などという両親への謝罪の言葉を口にしなければならなかったのか。

 

そして追い討ちをかけるかのように、ネット上では被害にあった女の子たちを非難する声も見られました。「スーツで出席すれば良い。」「着物くらい自分で着ろ。」「そういう業者と見抜けない奴が悪い。」「社会勉強になっただろう。」等々それはもう酷いものでした。

 

「スーツで出席すれば良い。」という声は百歩譲って理解出来ます。それでも、被害者の心情を何も考慮していない無責任な発言だと思っていますが。許せないのは「社会勉強になっただろう。」という声です。成人式って、冠婚葬祭の『冠』にあたり人生における重要な節目とされているんですよ。そんな重要な日に詐欺、盗難被害にあった人々に対し"社会勉強になった"などとよく言えたものです。

 

価値観というのは人それぞれです。成人式に出席しなかった人、出来なかった人、そこまで重要な行事と捉えていない人、様々な考えを持った方が居ると思います。そういった方々からすれば、高いお金を払ってでも振袖が着たい人や何が何でも成人式に出席したい人の気持ちというのは理解しがたいのかもしれません。でもだからこそ、自分の価値観を基準に他者を攻撃すべきでは無いと思います。

 

そもそも被害にあった女の子たちの粗を探すような真似をし、何が何でも女の子側にも落ち度があったように仕向けようとする行為はハッキリ言って異常です。仮に、被害にあったのがほぼ男の子だったとしたらここまで非難の声は聞こえてきたでしょうか?私には、ただ単に女性を叩きたい一心でそういった書き込みをしているように思えてなりません。

 

かねてよりネット上ではしばしば『女叩き』という行為が見られますが、それ自体については何も感じませんし好きにしてくれれば良いと思っています。でも此度の一件までをもその材料にしようというのは許しがたいです。

 

勿論、そんな卑劣な行いをする輩は一部の男のみで、大多数の男性が彼女たちに同情しているという事も分かっています。夫も私と一緒になって『はれのひ-harenohi』という悪徳業者に怒りを露わにしていました。ですが、見ず知らずの女性を親の仇かのように憎み、蔑む男が存在するのもまた事実。そういった価値観を否定するつもりはありませんが、限度というものを弁えて頂きたいものです。

 

少々話が逸れましたので元に戻します。とにかく、計画倒産やらそういった方面についての法律やらには詳しくないので首謀者を何処まで罰する事が出来るのか分かりませんが、一刻も早く首謀者を見つけ出して頂きたいです。お客様から預かっていた振袖を持ち逃げした挙句売りさばくだなんて業務上横領にあたるのではと思うのですが、何か法の抜け道でもあるのでしょうか。中には祖母、母親、娘と代々受け継がれてきた振袖だってあったかもしれない。そう考えるとますます許せないですね。

 

此度の騒動における唯一の救いは、成人式当日に同業他社が被害にあった女の子達に救いの手を差し伸べてくれた事、博多天神店のスタッフが無給ながらも女の子達を受け入れた事、八王子市職員が人づてに着付け師を集めてくれた事、横浜市が成人式のやり直しを検討している事、第三者が後日救済措置を取ろうとしてくれている事ですね。血も涙もない人間が存在する一方で、温かい心を持った方が大勢いるという事です。恐らく被害にあった新成人はこの先一生忘れる事など出来無いでしょうが、どうか少しでも心が救われる事を願っています。

 

では、長くなってしまいましたのでこの辺にしておきます。最後までお付き合い頂きありがとうございました。バンビでした!