バンビーな備忘録

漫画大好きなヲタク主婦が運営するブログです

バンビーな備忘録ヘッダー

サラッとそろそろ子ども欲しいと言った夫にイラッとしてしまった

簡単に子供が欲しいと言う夫にイラッ

落ち込む女性

バンビです。あんまりこういう愚痴っぽい記事を書くのは良くないかなぁなんて思いつつちょっと吐き出しておきたかったので書いちゃいます。

 

私達夫婦はもうすぐ結婚して3年になるのですがまだ子供は居ません。欲しいという気持ちはあるのですが、経済的に厳しいのと覚悟を決めきれないのとで私が少し躊躇してしまっている状態です。

 

まあでもやっぱり結婚して3年となると周りもそろそろ子ども~という気持ちを持ち始めるのが一般的かなと思いますし、周りだけじゃなく夫婦自身もそう考え始めるのが自然な流れなのだろうと思います。きっと私の夫もそんな感じで深く考えずに3年経つしそろそろ子供が欲しいと思ったのでしょう。

 

ある日、本当にポロッと「そろそろ子供欲しいね。」と私に向かって言ってきたんです。

 

私は素直に「うん、そうだね。」と答える事が出来ませんでした。自分でもビックリするくらい夫に対してムカついてしまったのです。そんな風に一切恐怖心を抱く事なく簡単に子供が欲しいと思える夫に。

 

私だって子供は欲しいです。でも欲しいという気持ちと同じくらい怖いという気持ちもあって、その怖いという気持ちを夫は一切感じる事なく父親になるのかと思うとなんだか頭にきてしまったのです。男親は一切苦しまずに親になるなんて、妊娠出産をしないというだけでこうも気持ち的に楽になれるなんて、なんて羨ましいんだろうと。

 

子どもみたいな事を言っているのは分かっています。つわりが怖い、出産が怖い、会陰切開が怖い、もし万が一の事を考えると怖い、こんな事で親になる資格があるのかと自分でも思います。でもそれでもやっぱり不安な気持ちは全く消えてくれないのです。

 

妊娠出産だけじゃなく、産んだ後の事もそうです。調べれば調べるほどマイナスな情報ばかり入ってきて、もう色々な事を考えると子どもが欲しいという気持ちよりも怖いという気持ちの方が上回ってしまってどうしようもないのです。

 

私が考えすぎているだけなのかもしれません。それでも世のお母さん方はこの不安や恐怖心を乗り越えているのだと思うと本当に尊敬します。こんなに怖くて仕方ないのにどうやってそれを乗り越えたのか教えて欲しいくらいです。

 

むしろ私のようなタイプは珍しいのでしょうか。

 

案ずるより産むが易しなんて言いますけど、この言葉にすらイラッとしてしまうのですから重症ですね。なんかもう産まなきゃ良いじゃんって声が聞こえて来そうですがそれはそれで考えられなくて。もし子どもが産めないなんて事になったら泣くと思います。

 

我ながら我儘だなぁと思いますが、子どもを産みたくないわけでは無く産む勇気と覚悟が欲しいという事なのです。この恐怖を乗り越えたい。夫に「子供欲しいね。」と言われて、素直に「そうだね。」と言えるようになりたい。それだけなのです。

 

それだけってそれが一番難しいんだけども。

 

いつか自然と欲しいという気持ちが恐怖心を上回るものなのでしょうか。だとしたらそれまで、私自身が成長するまで待つしかないのかな。近い将来、ブログで幸せなご報告が出来る事を願って。