学童保育とは?

学童の1ヶ月の利用料金はいくら?

どうも!バンビです!今回は学童保育所のひと月の利用料金やその他必要になる費用等をご紹介します!

 

学童保育所に子供を預けると大体ひと月にいくらくらいかかってしまうのか。これは学童保育を利用しようと考えている人が最も気になるところですよね!お子さんの入所を検討している方の中には、月々の出費を出来るだけ少なく済ませたいと考えている方も多いはずです。

 

そういった方は、無駄な出費をしてしまわないように事前に延長保育を利用した場合等の料金体制等をチェックしておきましょう。

学童保育の利用料金はこのくらい!

キャッチ28

結論から言うと月々かかる費用は自治体によって異なります。ですが大体平均8000円から10000円程度と言われていますね。ただし、小1~小3までは13000円、小4~小6は8000円といった風に預ける子供の学年によって料金が変わる事もあります。手のかかる学年は少し高いのねと思って頂ければ良いかと(笑)

 

それでも、あら意外と安い!と思いませんか?学童保育は保育園と違い子供を預かる時間は放課後の2~4時間だけです。そのため料金も安く利用しやすいのです。それだけではありません。この安さで毎日ちょっとしたおやつまで提供されますので、かなり安価と言ってしまって良いと思います。

 

ちなみに土曜日や春休み、夏休み、冬休みと言った長期休暇等は9:00~18:00まで受け入れています。じゃあその分料金がプラスされるのかというとそんな事はないんですよ!

延長保育には追加料金が必要なので注意!

ではどんな時に料金がプラスされるのか。それは延長保育を利用した場合です。学童では春から夏にかけては17時30分まで、秋から冬にかけては17時00分までといった風に子供を預かる時間が決められています。この時間になると子供達は集団で帰宅します。

 

しかし、それでは子供の帰宅に両親の帰宅が間に合わないという家庭も多いんですよね。特に秋から冬にかけては子供の帰宅が早いですから、そういった場合に延長保育を利用する方が多いです。この延長保育を利用すると最大19時まで子供を預ける事ができるので大変便利です。

 

しかし一点注意しなければいけないのが子供の帰宅方法です。延長保育を利用した場合は、帰宅は外がかなり暗くなっている時間帯になりますので必ず保護者の方にお迎えに来て頂きます。

延長保育を利用した子は必ず保護者と一緒に帰宅させる!

料金については15分単位30分単位で加算されていく事が多いようですね。しかしこれは月額でまとめて支払う事も出来ますのでそちらを利用するのも良いでしょう。むしろそちらの方が断然お得です!

その他学童保育を利用するとかかる費用など

月の保育料や延長保育の利用料以外で学童を利用するにあたり、かかる費用を箇条書きでまとめます。

学童にかかる費用

・入所金:1万円程度

・保険料:年2000~3000円程度

・冷暖房費:月500円程度

・父母会費:年5000~6000円程度

・おやつ、備品費等:年10000~30000円程度

ざっとこんなものでしょうか。高めに見積もっても年間5万円程度で済んでしまいます。勿論入所金は、入所する年だけ払えばよいので次年度からは4万円程度です。

 

私としては、随分良心的だなと感じるのですがいかがでしょう。その代わり指導員の待遇はあまり良くないのですがそれはまた別の機会にでも記事にしてお伝えしようと思います(笑)興味のある方は是非覗いてみてください。

あわせて読みたい
キャッチ26
学童保育指導員には休憩が無いどうも!バンビです!今回は学童保育指導員の休憩事情について書いてみたいと思います。実は学童保育指導員という仕事には休憩時間がありません。...

学童保育の利用料金まとめ!

ということで今回は学童保育の利用料金をご紹介しました!

 

もし入所を考えられている方がいらっしゃいましたら是非参考にしてみてください!まあ、学童というのは必然的に自分の子供の通う小学校の近くで探す事になると思うので選択肢は多くないのですが雰囲気、料金、指導員の感じ、イベントごとの多さなど総合的に判断して決めてあげてください。ココだけの話、荒れてる学童というのは存在するらしいので。

 

という事で!以上学童の料金についてでした。最後までお付き合い頂きありがとうございました。バンビでした!