四コマ漫画

学童保育の現場で何か質問はありますかと言われた時の対処法

どうも!バンビです!突然ですが皆さん、就職面接等で「最後に何か質問はありますか?」と質問された事はありますか?恐らく大多数の人間がそういった質問をされた事があるのではないかなと思いますが、それは学童保育の現場でも同じでした。

 

でも学童保育の場合は普通の就職面接と少し違うところがあります。それは“お試し出勤”を終えた後に質問されるという部分なのです。

学童保育の現場ではどんな質問をするのが正解?

四コマ漫画

いやはやこの面接官の対応、皆さんはどう思いますか?(笑)

 

この時、質問なんて一切考えていませんでしたから頑張って瞬時にひねり出したのですが返ってきた答えは採用が決まってから教えるでした(笑)酷くない?どんな質問をすれば良かったの…。交通費の事やシフトの事を聞けば良かったのでしょうか?でもせっかくお試し出勤したのだから業務内容に関わる質問をした方が良いだろうと思ったのです。

 

具体的にどんな質問をしたのかと言いますと、ちょっとだいぶ昔の事なのでうろ覚えではあるのですが「子供達と接するうえで気を付けなければいけない事などありますか?例えば、話題にしてはいけない事や子供達との距離感など…」とまあこのような感じの事を言ったと記憶しています。

 

私はそれまで子供達と接する仕事をした事が無かったので本当に分からない事だらけでした。むやみやたらにお母さんお父さんの話をしない方が良いのかな?とか子供におんぶをせがまれたらしてあげても良いのかな?とかお試し出勤しただけで判断に困る事が沢山あったんです。それでこの質問をしたのに!

 

こういう場合ってどのような質問が最適なのでしょう。私なりに結構頑張ってひねり出したつもりだったのですがどうやらハズレだったようです!まあ結局採用されて今に至っていますので大した事ないミスだったのだろうと思っていますがやはり今でも気になっています。

採用される前に知りたい事を聞くと良い?

ではどんな質問をすれば良いのか考えてみましょう。

 

私がした質問は、確かに採用されてからしても遅くない質問ですよね。ですが交通費の事やシフトの事などは採用される前に知っておきたい事です。採用されてから「交通費は出ません!シフトはこうなってますよ!」なんて言われても「え!そんなの聞いてません!」となってしまいますよね。(まあ大抵は求人広告などに書いてありますけどね)ですからやはり採用される前に知っておきたい事を聞くべきです。

突っ込んだ内容ではなく採用される前に聞いておくべき事を聞く!

お試し保育をした場合は?

でも待ってください。私の場合はちょっと特殊ですよね。

 

面接はもう終わっていてお試し出勤の段階まで来ている訳です。そこで交通費がどうとかシフトがどうとか質問しても今更感があると言いますか、今日やってみてなんの疑問も湧かなかったの?なんて思われそうです。

 

おやおや分からなくなってきました!恐らく普通の面接なら交通費の事やシフトの事なんかで大丈夫です。私は今までそれで合格してきていますので。

 

もし私のような状況になった場合は…

 

これもう人によるのでは?(笑)

 

多分ね、心優しい人ならバッサリ斬らずに丁寧に教えてくれると思うのです。「採用が決まってからまた改めて詳しくお話しますが、今お話されたような場合は…」なんて風に。私が面接官だったらそうしますよ。

 

私は運が悪かったんだ!

 

だって実際一緒に働いてても全然愛想良くないですし優しくないですし…(笑)ですから面接官の反応があまり良くなくても気にしない方が良いです。変な質問してないのに切り捨てられたら、あ、この人こういう人なんだ…って思っておきましょう。

 

それにその程度で合否は決まりませんよ。身だしなみOK、礼儀挨拶OK、明るくハキハキしている、真面目そう、シフトも融通が利く、家も近い、最後の質問はちょっと良くなかった→はい不合格

 

なんてなったら「え!!??」ってなりますよね(笑)ですから気にし過ぎずに思った事をそのまま口にしましょ。これからなんらかの面接を控えている方は、ちょっとくらいミスしても大丈夫ですからリラックスして臨んでくださいね!

学童の現場でするべき質問まとめ!

という事で今回は「何か質問はありますか?」と聞かれた時の対処法をご紹介してみました!というか私が受けた対応をみんなに知って欲しかっただけだったりもする(笑)だってあまりにも冷たすぎるでしょ…採用される前から上司の印象最悪だったよ…。

 

では最後までお付き合い頂きありがとうございました。バンビでした!