指導員目線の話

子供は口が軽いので気を付けましょう

どうも!バンビです!今回は子供たちの口の軽さに関するお話です。学童保育指導員という仕事をしていると、聞いちゃいけないような話を子供たちから聞かされる事が多々あります(笑)

 

デリケートな話の場合は聞かされた側も困ってしまいますので、子供に大事な話をする際は絶対に誰にも言ってはいけないんだという事を分からせてあげてくださいね。

 

なお誰にも知られたくないような話は子供に話さないのが吉ですよ。

子供は口が軽いから大事な話はしない事!

キャッチ25

タイトルがなんか嫌な感じですけど別に悪口じゃないですよ(笑)

 

子供は、ちょっと珍しい事があったり人と違う事があると誰かに自慢したくて仕方ない生き物なのです。

子供は喋りたがり

指導員さんだけでなく、保育士の方や幼稚園教諭の方にも共感して頂けるのではないでしょうか。

 

子供ってとにかくなんでも喋りたがるのです。先述の通り家庭で何か変わった事があったり珍しい事があったりすると誰かに話したくて仕方ないのです。別に自慢するような事でなくても自慢げに話してきたりします(笑)

 

では具体的にどんな話をしてくるかと言いますと、家庭環境、お父さんお母さんの病気、又は妊娠、犯罪被害などです。

 

…犯罪被害ってなに?と思われた方が多いと思います。私も子供に話を聞かされた時は、え?と思いましたから(笑)今回はデリケートな話が多いですからフェイクも混ぜつつ順番にお話しますね。

家庭環境だって話しちゃう!

やはり何十人と大勢の子供を相手にしていると家庭環境が少し複雑な子も出て来ます。お父さんが居ない子、お母さんが居ない子、お父さんお母さんが多忙でよくおばあちゃんの家に預けられる子など本当に家庭によって色々です。

 

本来指導員というのはそこまで知る必要はありません。子供達やその家族のプライバシーに関わる事ですから当然といえば当然ですね。

 

では何故私が各家庭の事情を知っているのかというとやっぱり子供が自ら話すからです。家庭環境が他とは少し違う子ほど他人に話したがります。誰かに話す事で寂しさを埋めようとしているのか、あえて自慢げに話す事によって寂しくなんかないぞと強がって見せているのか、心理的な部分は正直分かりません。

 

ですが子供達なりの何かしらのメッセージなのかななんて思ったりもします。まあだからと言って家庭の事に首を突っ込んだりはしませんけどね。指導員に出来る事はただ黙って話を聞いてあげる事だけです。

家庭環境が複雑な子ほど家族の事を話したがる!

病気又は妊娠だって喋っちゃう!

これが一番多いです。

 

お父さんお母さんが病気やケガをしてしまうと子供達は指導員に言いに来ます。子供達も不安だったり心配だったりするのでしょうね。本当は無責任に大丈夫だよなんて言ってはいけないのでしょうけどなかなかそれ以外の慰めの言葉が見つからず結構使ってしまいます…。

 

あまりにもそれはちょっと広めないであげてと思うような内容の場合は「そういう事は他人に話しちゃダメだよ。お父さんお母さん恥ずかしいから。」と注意しますけどね。(痔とか薄毛とか色々ね)

デリケートすぎる時は注意する

お母さんが妊娠した場合も同じようにどの子も必ず指導員に報告しに来ます。弟か妹が出来て嬉しいのは分かる!確かにおめでたい事だよ!でもまだ誰にも言っちゃダメって口止めされてるんじゃないの?なんて思いながら「良かったねおめでとう!」と祝福してあげます(笑)

 

子供は初期とか安定期とかお構いなしに話しちゃいます。よっぽど嬉しいのでしょう、かなり自慢げです(笑)

 

これはもう子供に良く言って聞かせるしか無いですね。初期段階でも、お腹に赤ちゃんがいるという事を伝えておかないと悪気無くタックルしてきたりいきなり強く抱き着いてきたりしますから。

 

女性は安定期に入るまで周囲に知られたくないという方が大半だと思いますので、もし上の子に教えるなら口止めはしっかりバッチリしておいた方が良いですよ。

犯罪被害だって話しちゃう!

これは、あまり詳しく書くとアレなのでふわっと軽く触れるだけにします。犯罪被害と言ってもそんなに大きなものでは無いです。(当事者にとっては大きな被害ですけどね)

 

例えるなら、傘の窃盗ですとか自転車の窃盗、変質者の出没などですかね。これに関しては恐らく子供は間近でパトカーを見た事を自慢したいだけです(笑)

子「お母さんこの間自転車盗まれちゃったの!」
私「え!そうなの?」
子「うん!お巡りさん呼んでね、パトカーに触った!」

こんな感じで嬉しそうに話してくるんですよ。楽しく話せる程度の軽犯罪で良かったねと思いつつ子供らしくて可愛いなと不謹慎ながらちょっと笑ってしまいましたね。

子供は口が軽い話まとめ!

とまあこんな感じでなんでもかんでも指導員に話してくるものですからこちらの負担も増える増える(笑)別にリアルで子供達の事を話したりはしないのでうっかり口を滑らす事はまずありませんから良いんですけどね。

 

ただ親御さん的に他人に知られたくない事もあるでしょうから、もし何かお子さんに話されるのであれば口止めするのを忘れないようにして下さい。こんな事他人に話したりしないわよねなんて思っていても話しますよ(笑)

 

まあ指導員が「誰々のお父さん病気らしいよ。」なんて喋る事は100%ないのでもし手遅れでも安心してください。そんな非常識な指導員は存在しない…はずですから(笑)

 

では、最後までお付き合い頂きありがとうございました。バンビでした!