指導員目線の話

学童保育指導員の服装は動きやすく汚れても良いもの推奨!

どうも!バンビです!今回は外遊びをする際の学童保育指導員の服装はどのようなものが適切なのかというお話です。間違って大切なワンピースなんかを着て行ってしまうと後悔する事になりますので、注意が必要ですよ!

大切な服は絶対に着て行っちゃダメ!

学童保育指導員の服装や履くべき靴についてご紹介!

キャッチ22

知らない方のためにサラッと説明しますが、学童保育では一日1時間~1時間半ほど外遊びの時間を設けています。

 

この外遊びの内容は本当に様々で、ドッジボール、ドロけい、色おに、増えおに、フリスビー、縄跳び、冒険ごっこ、バレーボール、バドミントン、バスケットボール、野球、サッカーなどなど…必要なボールが各種揃っており一通りのスポーツは出来るようになっています。

指導員も一緒に遊ぶので服装を間違えないように!

子供たちが外で遊んでいる間指導員は何をしているのかと言いますと、全力で遊びに混ざります!これがまあ物凄く疲れるのですがなにより靴と服がかなり汚れます。

 

そのため高い服なんて着ていくのは絶対に止めた方が良いです。

 

冒頭でも説明した通りお気に入りのワンピースやデニムなんかを着て行ってしまうと必ず後悔します。そして服以上に汚れてしまうのが靴です。新品の靴でも一日出勤しただけでかなり茶色く汚れてしまいますので高い靴を履くのは止めた方が良いでしょう。いやはやグラウンドの土が憎いですね…。

指導員は汚れても良い靴を履くべき

靴に関してはとにかく安くて軽いものをお勧めします。何年務めるか分からないのに高くて頑丈な靴を買うのは危険です。せっかく買ったのにすぐ辞める事になってしまった、でも靴は汚れが酷くてもう普段使い出来なくなっている、なんていう事態に陥りかねません。

 

私の場合はもう開き直って靴は一年周期で使い捨てにしています。

このタイプの靴を履いているのですが、安いからこそ汚れるのを気にする事なく全力で外遊びを行う事が出来ています。お勧めのカラーはダーク系一択です。絶対に白い靴は履いちゃダメですよ。何度も言いますが必ず後悔する事になります(笑)

 

まれにスニーカーじゃなくてパンプスやブーツを履いてくる指導員さんも居るのですが、それは別にNGではありません。

 

でもやっぱりスニーカーと比べると走りづらいだろうと思いますのでおすすめはしません。パンプスだろうと何だろうと全力疾走出来るという自信がある方なら何も問題無いとは思いますが、ブーツの場合は着脱もちょっと大変ですよね。

指導員はキャラ物の服を着るとより良い

服も服で相当汚れますので、安いキャラ物のトレーナーやTシャツなんかをお勧めします。もちろん白はダメです。黒とかグレーとか暗い色の服が良いでしょう。

 

では何故服が汚れるのかと言いますと、子供達が砂遊びをしたままの手で平気で抱き着いてくるからです。子供たちは人の服が汚れようがお構いなしですので、こちらがいくら気を付けていても結局汚れてしまいます。本当に勘弁してくれって言いたくなりますよ…。

学童ではこういう動きやすく腕を捲りやすい服が大活躍します。保育の仕事をしている時はオシャレなんてしていられません。とにかく機能性重視です。

 

更にデカデカとキャラクターがプリントしてあったりすると低学年の子達は食いついてくれて、そこから話が広がったりもしますよ。

・靴や服は機能性重視!
・デザインは二の次!
・高いものを着ていくと後悔する!
・キャラものだと子供達に喜ばれる!

指導員が転倒する事もあるので注意

外遊びは指導員が転倒してしまう事もあります。

 

全力で走り回るためたまにすっころんだりして結構恥ずかしいです(笑)いやはや大人になって転ぶ事があるなんて思いませんでした。童心に返っているのに体が付いていかないんですよね。

 

そんな場合も高い服を着ているとショックを受ける事になりますから、やはり服と靴は出来るだけ安いものを着用するようにしましょう。

転んで汚したり穴を開ける事もある

学童保育指導員の服装まとめ!

そんな訳で今日も靴を真っ黒にして帰宅しました。真っ黒な靴で電車に乗るのって結構恥ずかしいですよね。もし電車やバスで靴が汚い人が居たらそれはもしかすると保育の仕事に携わっている人かもしれません。

 

必ずしも『靴が汚い=だらしない人』では無いという事をご理解ください(笑)

 

では、最後までお付き合い頂きありがとうございました。バンビでした!