ドラマや映画や音楽

阪急電車 片道15分の奇跡が名作だったのでご紹介します!

どうも!バンビです!今日は映画『阪急電車 片道15分の奇跡』について書いてみようと思います。

 

この『阪急電車 片道15分の奇跡』は本当に名作だと思います!大好き!説明が下手なので上手く良さを伝えられるかわかりませんが、とにかく『阪急電車 片道15分の奇跡』をより多くの方に知って欲しいです…!

阪急電車 片道15分の奇跡を見よう!

一言でいうとハートフルストーリーです!心が温まる素敵なお話!脚本、配役、キャスト陣の演技、作品全体の雰囲気どれもこれも素晴らしいです。

 

では早速本題に入りたいと思います。

阪急電車 片道15分の奇跡はこんな映画!

線路

まずは『阪急電車 片道15分の奇跡』について軽くご説明しますね。

 

原作は有川浩先生の短編小説『阪急電車』です。2008年1月に発行され、2011年4月に、『阪急電車 片道15分の奇跡』というタイトルで映画化されました。主なキャストはこちら!

阪急電車 片道15分の奇跡キャスト

・中谷美紀
・戸田恵梨香
・宮本信子
・南果歩
・谷村美月
・有村架純
・芦田愛菜
・勝地涼
・小柳友
・相武紗季
・鈴木亮平
・大杉漣
・安めぐみ
・玉山鉄二

多い!とにかく多い!しかも主役級の役者が勢揃いしています。豪華ですね!見ていて安心感がありました。ちょっと安めぐみさんの関西弁に違和感を覚えたりもしましたが(笑)

 

とは言えわたしも関西人では無いので、正しいイントネーションとかは良く分からないのですが…(笑)でもとにかく俳優陣の演技は素晴らしかったですよ。

阪急電車 片道15分の奇跡を見た感想!

この映画は、その名の通りローカル線を舞台にした群像劇です。様々な登場人物が”たまたま”乗り合わせた電車内で物語が進んでいきます。それぞれ全く違った悩みや苦しみを抱いている中で、見ず知らずの心優しい人々に出会い、少しずつ成長していく登場人物たちが実にリアルに描かれています。

 

志望校を諦めきれない女子高生、彼氏のDVに悩まされる女の子、婚約者を後輩に寝取られてしまった社会人女性、空気を読んで身の丈に合わないランチに参加する主婦、自分の苗字が嫌いで人とのコミュニケーションが苦手な女子大生、同じ学校の子に嫌がらせをされる小学生の女の子、ミリタリーの事になると周りが見えなくなって周囲に引かれてしまうミリオタ男子大学生、などなど、本当に様々な人物が登場します。

 

(こうして見ると女性が多いデスネ)

 

もうね、本当に心が温まる!邦画を見てこんなに心揺さぶられたのは久しぶりでした。人の優しさって、連鎖していくものなんだなって改めて実感しました。AさんがBさんに優しくすると、今度はBさんがCさんに優しく接してあげる事が出来る…という感じに。わたしもこうありたいと思えましたね!

 

とくに、宮本信子さん演じる萩原時江は本当に素敵なおばあちゃんでした。とにかく優しい。それは孫に対してだけでなく、見ず知らずの他人に対しても。言うべき事はズバッと言ってくれる本当の優しさを持ったおばあちゃんです。

阪急電車 片道15分の奇跡まとめ!

という事で今回は『阪急電車 片道15分の奇跡』をご紹介しました!

 

本当に本当に素敵な映画なので、興味のある方は是非1度ご覧になってください。Amazonプライムでたまたま見つけて、原作が有川浩さんだからという軽い気持ちで見始めただけなのですが、まさかこんなに素晴らしい映画だったとは…!見終わった後は、心が温かくなること間違いなしです。本当に、人の優しさに飢えてる人に見て頂きたい作品ですよ!(どんな人だよ)

 

では最後までお付き合い頂きありがとうございました。バンビでした!