雑記

AviUtlの倍速編集が出来ない時の対処法とAviUtlの紹介

どうも!バンビです!今回はフリー動画編集ソフト『AviUtlの説明』と『AviUtlで倍速編集が出来なかった時の対処法』について書いてみたいと思います。

 

ゲーム実況に挑戦するには編集ソフトの存在が不可欠です。でも本心ではあまりお金をかけたくないという人は多いはず。そんな時に大活躍するのがフリーソフトですよね。今回ご紹介する『AviUtl』もそのフリーソフトの一つです。

 

『AviUtl』はフリーソフトにしては出来る事が多くて大変助かっているのですが、とにかく倍速編集の仕方が難しいんです。

 

何度も何度も失敗してなんとか出来たという感じなので、ちょっと解決策なんかをお話してみますね。それでは早速本題に入りましょう!

フリーソフトAviUtlの説明

まず、フリーの動画編集ソフト『AviUtl』について簡単にご説明します。私自身これ最初なんて読むんだろうと思ったのですが、どうやらそのまま『エーブイアイユーティーエル』で良いみたいです(笑)

 

なんでも、ゲーム実況をしている方は結構な確率でこのフリーソフトを使用しているのだとか。もちろんクオリティの高い動画をあげている方なんかはAdobeソフトを使用していたりもするのかもしれませんが!

 

わたしも『Premiere Pro』を扱っていた経験がありますが今回はフリーソフトで良いかなと思っています。『Premiere Pro』が素晴らしいソフトであるのは間違いないのですが、如何せんランニングコストがかかります。趣味としてあげる動画にはフリーソフトで十分だと思います。

AviUtlを使ってみた結果

で、その『AviUtl』を扱ってみた感想なのですが…倍速編集が上手くいきません

 

動画の途中を早送りしたくて倍速編集を試みたのですが、何故か音声だけ倍速にならず普通に流れてしまうのです。何故だ!と調べてみると皆さんやはり倍速編集に手こずっているようでした。きちんと動画と連携させていますし、キーフレームを打っているにもかかわらず倍速にならないのです。どう頑張っても音声が早送りにならない!

 

うーんフリーソフトなので文句は言えませんし、比べるのもおかしいですが、Adobeソフトの優秀さを改めて実感しました(笑)

倍速編集が出来ない時の解決策

AviUtl

倍速編集が出来ないとお困りの方は以下の方法を試してみてください。

1.データを一度WAV形式で出力
2.再度同じ動画データを拡張編集に読み込ませる
3.出力しておいたWAV形式のデータから音声のみ拡張編集に放り込む

データを一度WAV形式で出力しておき、再度同じ動画データを拡張編集に読み込ませます。そして、出力しておいたWAV形式のデータを音声のみ拡張編集に放り込みますこれで倍速編集するとなんとか問題を解決する事が出来ます。なんて面倒臭いのかしら(笑)

 

まあなんと言ってもフリーソフトですからね。倍速編集は少し面倒なのですが、テロップ関係に関してはもう素晴らしいの一言ですよ!フリーソフトでここまで出来て良いのかという感じです。それにアニメーション機能も豊富です。使わないけど(笑)

 

いやぁこのフリーソフトは本当におすすめですよ。動画編集ソフトを一度も扱った事が無い方は少し難しく感じるかもしれませんが、チャレンジしてみるのも良いと思います。

AviUtlで倍速編集が出来ない時の対処法まとめ!

という事で今回は『AviUtl』についてのお話でした。これから何か動画を作りたい、YouTuberになりたいと思っている方は、是非参考にしてみてください!

 

では、最後までお付き合い頂きありがとうございました。バンビでした!