アニメや映画

【2018年最新版】劇場版名探偵コナンおすすめランキングBEST22

どうも!バンビです!今回は『劇場版名探偵コナンのおすすめランキングBEST22』をご紹介します!名探偵コナンファンとして、劇場版にランキングを付けるのはとても心苦しくはあったのですが、上位に食い込んだ作品は是非沢山の方に見て頂きたいと思いましたので思い切ってランキングを作ってみました。

 

これから名探偵コナンの映画を見ようと思っている方は是非参考にしてみてください。最新作も入ってますよ!

劇場版名探偵コナンおすすめランキング!

パンフレット

さて、最新作の『ゼロの執行人』は安室クラスタをかなり増やしているようですが、私の作ったこのランキングでは何位に食い込んでいるでしょうか!これは私が安室クラスタなのかどうなのかっていうのが重要になってくると思いますが、ぶっちゃけ私は安室クラスタでは無いです(笑)

劇場版名探偵コナンは全部で22作!

凄いですね!22年も連続で映画を公開しているんですよ!そしてそれを一本も欠かさず見ている私もすごい!(笑)もちろん最初の数本が公開された当初はまだ幼少期でしたのでリアルタイムで見る事は出来ませんでしたが、大人になった今もこうして毎年公開してくれているのは本当に嬉しい事です!

第1位:迷宮の十字路

迷宮の十字路(めいきゅうのクロスロード)

舞台は歴史の都、京都。リアルに再現された京都の街で平次と協力しながら難事件に挑むコナン。和葉を人質に取られた平次は、犯人の要求通り1人で鞍馬山に向かおうとするが…。情緒あふれる和風ラブロマンスミステリー。

 

劇場版が22作も制作されている2018年現在でさえ、この映画を超えるものは存在しません!劇中で園子が「京都は日本人の心の故郷」と言っていますが、まさしくその通りです。実際の京都を元に背景が描かれているので、京都好き、寺好き、和風好きな私には堪らない映画です!派手な演出が好きじゃない方におすすめです!

第2位:ベイカー街の亡霊

ベイカー街の亡霊(ベイカーストリートのぼうれい)

舞台は19世紀末のロンドン。体感シミュレーションゲーム”コクーン”によって100年前のロンドンに迷い込んだコナン達は、ジャック・ザ・リッパーを追う事に。霧の都と呼ばれたロンドンを、美しくもどこか不気味な雰囲気で描いた世界観抜群の歴史ミステリー。

 

とにかく素晴らしいのひと言ですよね!大人も子供も楽しめる映画っていうのはこの映画の事を言うんですよ。なにより設定が秀逸すぎます。100年前のロンドンが舞台だなんて、シャーロキアンじゃなくても憧れますしロマンを感じますよね。ロマンチックな雰囲気が好きな方は是非見てください!

第3位:から紅の恋歌

から紅の恋歌(からくれないのラブレター)

舞台は京都、大阪。テレビ局を訪れていたコナン一行は、爆発事件に巻き込まれてしまう。そんな中、突然現れた自称平次の婚約者であり将来有望の競技かるた選手である大岡紅葉。爆発でケガをした友人の代役として、競技かるたの大会に出場する事になった和葉は彼女と”ある勝負”をする事になるのだが…。平次と和葉のラブコメ部分に力を入れた、和風ラブロマンスミステリー。

 

『迷宮の十字路』から14年。ずっとこういう映画を待ってました!初めてポスタービジュアルや予告映像を見た時の感動は計り知れません。舞台挨拶も含め3回映画館で鑑賞しましたが、毎回クライマックスで鳥肌が立ちました!倉木麻衣さんの主題歌も素晴らしいのひと言です!平次と和葉のカップリングが好きな方は絶対に見るべきです!

第4位:世紀末の魔術師

世紀末の魔術師(せいきまつのまじゅつし)

舞台は大阪、船上、古城。ロマノフ王朝の遺産”インペリアル・イースター・エッグ”の謎を解き明かすため、横須賀の古城を訪れるコナン達。しかしそこは、仕掛けだらけのからくり屋敷だった…。クライマックスで明かされる、エッグに隠された美しくきらびやかな仕掛けに注目。ロマンあふれる歴史ミステリー。

 

これまたロマンチックで素敵な作品です!きっと男性より女性の方が好きな人が多いんじゃないかなぁと思います。ドイツ風のお城が素敵だし、前半と後半でガラっと雰囲気が変わるのも面白いです。平次と和葉に怪盗キッドと、準レギュラー組が大集合している映画なので、どのファンにもお勧め出来ます!

第5位:瞳の中の暗殺者

瞳の中の暗殺者(ひとみのなかのあんさつしゃ)

舞台は蘭と新一の思い出の地、トロピカルランド。ある日パーティー会場のトイレ内で佐藤刑事と蘭が襲われてしまう。目の前で佐藤刑事が撃たれ、自分のせいだと思い込んだ蘭は記憶喪失に。記憶を失ったものの犯人の顔を目撃した蘭は、執拗に命を狙われるように…。新一と蘭の関係性にも焦点を当てたラブロマンスミステリー。

 

佐藤刑事は拳銃で撃たれ重傷に、蘭はそれをきっかけに記憶喪失というなかなかショッキングな内容ですが、新一と蘭の絆の強さが感じられる作品です!新一はコナンの姿のまま命を懸けて蘭を守り抜き、最終的に熱い告白までしてしまうというかなり恋愛色の強い作品なので大好きです!新一と蘭のカップリングが好きな方は絶対見てください!

第6位:ゼロの執行人

ゼロの執行人(ゼロのしっこうにん)

舞台は東京。サミット会場となるエッジ・オブ・オーシャンで大規模爆発が発生。現場の証拠品に残された指紋から、容疑者として浮かび上がったのは小五郎。なんとかして小五郎の無実を証明しようと奮闘するコナンだが、三つの顔を持つ男、安室と対立する事に。彼は敵か味方か。日本中を巻き込むスケールの大きいアクション系ミステリー。

 

この映画は安室クラスタには堪らない映画ですね!私はどちらかというと落ち着いた和テイストな映画が好きなのでこの順位にしましたが、劇中の安室はとてもかっこ良かったです。ミステリー部分もミスリードなどがありなかなか凝っていました。ド派手なアクション系が好きな方はハマるかもしれません!

 

DVDは発売されるまでお待ちください!

第7位:探偵たちの鎮魂歌

探偵たちの鎮魂歌(たんていたちのレクイエム)

舞台は横浜。依頼人から渡されたミラクルランドの腕時計型フリーパスには爆弾機能が。蘭や少年探偵団を人質に取られてしまったコナンは、平次や小五郎と協力しとある事件の謎を解き明かそうと横浜の街を奔走する。何人もの探偵が集結する本格ミステリー。

 

白馬くんが出ますよ!滅多に登場しない白馬くんが!さすが10周年記念作品ですね!コナンと平次と白馬くんが協力して謎解きを行うので、いつかの探偵大集合回を思い出します。最後の最後で大どんでん返しっぽいのがありますが、気付く人は途中で気付くかな!白馬くん好きは見るべきですよ!

第8位:銀翼の奇術師

銀翼の奇術師(ぎんよくのマジシャン)

舞台は函館に向かう飛行機の中。とある舞台女優の元に”スター・サファイア”を頂きに参上するというキッドからの予告状が届き、宝石を守るという依頼を引き受けた小五郎。無事に舞台を終え宝石を守り抜いたのち、函館に向かう飛行機に乗っていた一行はそこで事件に遭遇してしまう…。スケールの大きいダイナミック系ミステリー。

 

怪盗キッドがかっこいい!コナンの好敵手なんですが、今作では協力し合っている姿が見られるのでとても微笑ましいです。いや、ストーリー自体は微笑ましいなんて言ってられないくらい切羽詰まった展開なんですけどね(笑)本当にハラハラドキドキのクライマックスが待っています。怪盗キッドが好きな方は見ましょう!

第9位:天国へのカウントダウン

天国へのカウントダウン(てんごくへのカウントダウン)

舞台は西多摩市に新しく完成したツインタワービル。オープンパーティーに出席したコナン達はそこである事件に遭遇してしまう。更に黒ずくめの組織によって仕掛けられた爆弾によって火災が発生。連絡通路も崩壊し絶体絶命の蘭とコナンの運命は…。ダイナミックアクション系ミステリー。

 

この作品は割と男性ファンが多いかなという印象ですね!やっぱり最後の脱出方法がダイナミックで見応えがあるからでしょうか!私もクライマックスは結構好きなんですが、一番好きなシーンは蘭とコナンがあんな所から…!なシーンです!他にも黒ずくめの男たちも登場しますし、ジンとウォッカが好きな方は見てみてください!

第10位:天空の難破船

天空の難破船(てんくうのロストシップ)

舞台は飛行船。キッドに挑戦状を叩きつけた鈴木次郎吉は、飛行船にコナン一行を招待する。しかし飛行中、テロ組織である”赤いシャムネコ”から殺人バクテリアを飛行船内にバラまいたとの脅迫電話が。その後飛行船はハイジャックされ、爆弾までも仕掛けられてしまい…。キッドの新しい一面も見られるアクション系ミステリー。

 

ラストシーンがドッキドキですね!映画館で思わず「えぇ!」と小さく声を出してしまったのを今でも覚えています(笑)怪盗キッドが好きな方は特にドキドキするんじゃないでしょうか!今作は『銀翼の奇術師』同様、コナンと怪盗キッドが協力し合っている姿が見られますのでほのぼのします!怪盗キッド好きな方はこれも見るべきです!

第11位:純黒の悪夢

純黒の悪夢(じゅんこくのナイトメア)

舞台は東都水族館。東都水族館を訪れていたコナンと少年探偵団は、そこで記憶喪失の女性に出会う。情報収集の結果、彼女が黒ずくめの組織に関係する人物である可能性が高くなり、コナンはFBIと接触。謎の女の身柄は警視庁から公安へと引き渡され、安室と赤井も接触するのだが…。黒ずくめの組織も絡んだかなり派手なアクション系ミステリー。

 

切ない。めちゃくちゃ切ない。初めて劇場版で泣きそうになりました。こういった終わり方をする作品はかなり珍しく、微妙に後味が悪かったです。アクションの派手さはさすが劇場版とでも言うべきか、凄いです(笑)黒ずくめの組織とFBIと公安、まあこれだけの組織が登場するとなるとド派手にもなりますね!黒ずくめ系が好きな方は是非!

第12位:戦慄の楽譜

戦慄の楽譜(せんりつのフルスコア)

舞台は堂本音楽ホール。音楽家を狙った連続殺人事件が発生し犯人を突き止めようとするコナン。天才ソプラノ歌手、秋庭怜子と行動を共にしていたコナンは、途中何者かに襲われ意識を失ってしまう。公演は怜子不在で執り行われるが、その最中にホールの外では爆発が…。クラシックが題材の美しくも迫力のあるミステリー。

 

ちょっと迫力が足りないかなぁというのが本音ですね。劇場版というよりはスペシャルっていう感じで、終始穏やかに進んでいきます。もちろん爆発等の派手な部分もあるのですが、クラシックが題材という事でアクションとは程遠いです。ミステリーとしてはまあまあかな!穏やかな雰囲気が好きな方は是非!

第13位:水平線上の陰謀

水平線上の陰謀(すいへいせんじょうのストラテジー)

舞台は豪華客船。園子の計らいで、豪華客船”アフロディーテ号”に招待されたコナン一行。しかしクルーズ中、園子が何者かによって拉致、監禁されてしまう。コナンの推理によって無事に救出されたのも束の間、今度は八代造船の社長が…。クライマックスの小五郎によるアクションに注目。アクション系ミステリー。

 

割と好きな作品ではあるのですが、ミステリーとしてはどうなんだろうっていうのが本音です。ミスリードを狙っているのでしょうが、バレバレ(笑)まあでもコナンが蘭を助けるっていう展開が好きな私はクライマックスが大好物です!最後の最後でコナンが呟くセリフもとても素敵!珍しくかっこいい小五郎が見られるので小五郎好きな方におすすめです!

第14位:絶海の探偵

絶海の探偵(ぜっかいのプライベートアイ)

舞台は海上自衛隊保有のイージス護衛艦”ほたか”。イージス艦の体験航海中に、とある親子に遭遇するコナン。本来なら楽しそうにしているはずの男の子が、どこか余所余所しく様子がおかしい。のちに男の子の父親だと思われていた男はスパイ”X”であると気付いたのだが…。自衛隊に焦点を当てたスパイミステリー。

 

テイストとしては『水平線上の陰謀』と似ている部分がありますが、自衛隊とスパイという点が新しくて良いですね!スパイって聞くとみんな怪しく見えてくるから不思議です(笑)この作品はミステリー部分もしっかりと構成されているので、本格ミステリーが好きな方にもおすすめ出来るかもしれません!

第15位:14番目の標的

14番目の標的(じゅうよんばんめのターゲット)

舞台は海洋娯楽施設”アクアクリスタル”。名前に漢数字の入った人物が次々に襲われてしまう謎の事件が発生。コナンの身近な人物もターゲットにされてしまう中、ワインソムリエの沢木と共に、コナン一行は海洋娯楽施設”アクアクリスタル”に向かう事に…。アクション系本格ミステリー。

 

ラストの新一がめちゃくちゃかっこいい!惚れます!名前に漢数字の入った人物が順に狙われていくというストーリーなので、普段下の名前で呼ばれない人物の名前が登場したりとちょっとした豆知識が満載です(笑)そしてそしてなんと蘭とコナンが…!なシーンもありますので乞うご期待!Aの予感ですよ!新一と蘭のカップリングが好きな方必見です!

第16位:漆黒の追跡者

漆黒の追跡者(しっこくのチェイサー)

舞台は東京、神奈川、静岡、長野、東都タワー。各地で発生した連続殺人事件。警視庁で行われた合同捜査会議の後、コナンはポルシェ356Aに乗り込む刑事を目撃するが取り逃がしてしまう。一方、捜査員に紛れ混んでいた黒ずくめの組織の一員である”アイリッシュ”は、江戸川コナンこそが工藤新一なのではないかと疑い始める…。ド派手なアクション系ミステリー。

 

これはねぇハッキリ言って予告詐欺です(笑)いや、面白いんですよ、面白いんだけど、当時のワクワクとドキドキを返せと言いたい!ついにジンにバレちゃった!?佐藤刑事と高木刑事がキャンティに狙われてる!?なんて思わせておいてアレかい!まあでもハラハラしたのでアクション好きな方にはお勧め出来ます!

第17位:時計じかけの摩天楼

時計じかけの摩天楼(とけいじかけのまてんろう)

舞台は東都環状線、米花シティビル。ラジコン飛行機、東都環状線、米花シティビルと、次々に仕掛けられる爆弾。ラジコン飛行機の爆弾事件も東都環状線の爆弾事件も、コナンの推理力によってなんとか被害を出す事なく解決したが、蘭の居る米花シティビルでは、既に一部で爆弾が爆発してしまっていた…。記念すべき劇場版第1作目のラブロマンスミステリー。

 

劇場版名探偵コナンの原点です!残念ながらこんなに下になってしまいましたが、それだけ名作が続々と誕生しているという事だと思いますので、良い事でしょう!原点ですから、蘭と新一の関係性に焦点が当てられており、クライマックスにはキュンとするやり取りがあってドキドキします!蘭と新一のカップリングが好きな方は見てください!

第18位:異次元の狙撃手

異次元の狙撃手(いじげんのスナイパー)

舞台はベルツリータワー。ベルツリータワーのオープニングセレモニーに参加していたコナン達は、客の1人が狙撃されるのを目撃する。その後、現場に居合わせた世良の協力で犯人を追跡するも、取り逃がしてしまい…。新キャラクターも登場する派手なアクション系ミステリー。

 

うーん。うーん。うーん。正直あまり好みの映画ではないのですが、珍しく世良が登場したのでレア度は少し高いかもしれません。もちろん昴さんもかっこいいんだけどね!やっぱり私は原点回帰するようなラブロマンス系が好きなので、あまりドンパチやらなくても良いのになぁっていう感じです。世良と昴さんが好きな方は見ましょう!

第19位:紺碧の棺

紺碧の棺(こんぺきのジョリー・ロジャー)

舞台は神海島。300年前、2人の女海賊アン・ボニーとメアリ・リードが残したと言われる財宝伝説があり、トレジャーハンターが集まる神海島。コナン一行もバカンスで訪れていたのだが、ある日トレジャーハンターの1人がサメに襲われ死亡するという事件が発生し…。ロマンあふれるトレジャーハント系ミステリー。

 

蘭と園子が大活躍する作品ですが、ちょっと劇場版にしては盛り上がりに欠けるなぁというのが正直なところですね。トレジャーハントという題材はロマンがあって良かったと思うのですが、実際は少年探偵団が宝探しゲームに没頭している映画という印象です。もうちょっと頑張って欲しかった!蘭と園子の友情が好きな方は見るべきです!

第20位:業火の向日葵

業火の向日葵(ごうかのひまわり)

マンハッタンで行われたオークションに、ゴッホが2番目に描いたとされる”ひまわり”の模写が出品される。3億ドルで落札した鈴木次郎吉は、会見で7つのひまわりを集め展示会を開催すると宣言するのだが、そこにキッドが現れ会場は混乱に包まれてしまう。その後、逃走したキッドから新たな予告状が届けられるのだが…。アートに焦点を当てたアクション系ミステリー。

 

怪盗キッドが登場するという事で期待値が高かった分、ガッカリ度も高くなってしまった作品です。犯人の動機もなかなか酷くて笑っちゃいます(笑)ただ、蘭たちが炎の中”ひまわり”を守ろうとするシーンはかっこよかったです!ひとつ謎なのは園子の立場ですね。お前急にどうした…と突っ込まずにはいられない(笑)怪盗キッドが好きな方は見ても良いと思います!

第21位:11人目のストライカー

11人目のストライカー(じゅういちにんめのストライカー)

舞台は東都スタジアム。”東京スピリッツVSガンバ大阪”の試合を観戦していたコナンと少年探偵団。ハーフタイムに蘭からの電話で爆破予告の事を知ったコナンは、暗号の解読を試みる。タイムリミットが迫る中、暗号を解読し判明した爆弾の設置場所は…。CG満載のダイナミック系ミステリー。

 

とにかく演技が酷いです!サッカーが題材だからって超棒読みなサッカー選手を声優に起用しないで頂きたい(笑)会話が頭に入ってこないし笑っちゃうしで台無しです(笑)ストーリーはそこまで悪くなかったと思うのですが、如何せん声優のインパクトが強くて、声優が酷かった映画という印象になってしまいましたね。サッカーファンはある意味楽しめます(笑)

第22位:沈黙の15分

沈黙の15分(ちんもくのクォーター)

舞台は新潟県北ノ沢村。ダム建設によって移設された村、北ノ沢村を訪れていたコナン一行。その頃北ノ沢村ではスノーフェスティバルが開催され、大いに賑わっていたのだが、携帯電話の基地局が爆破された事により会場は混乱に陥った。そんな中、コナンはダムに仕掛けられた爆弾を発見するのだが…。ダイナミックな演出が光るアクション系ミステリー。

 

珍しくコナンが死にかけるというショッキングなクライマックスが待っているのですが、そこに至るまでがなんだか単調です。これと言った派手な見せ場もないし、誰かがピンチに陥ったり活躍したりという事もないしで物足りません。大好きな名探偵コナンの作品では多少の事には目をつむる私ですが、さすがにこれは駄作と思っています。おすすめは…しません(笑)

ルパンが登場する番外編!

パンフレット

せっかくなので番外編もご紹介しておきますね!

 

劇場版は劇場版でも、こちらはコラボ作品です。ルパン三世と名探偵コナンがコラボしたスペシャルな作品ですので、気になった方は是非見てみてください!

ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE

舞台はベルツリータワー、飛行機内。ルパン三世と名探偵コナンがコラボしたスペシャル映画。天才的な怪盗と天才的な名探偵。両者のバトルに焦点を当てたアクション系ミステリー。

 

私はこれ結構好きです!双方のファンの中には否定的な方もいるようですが、私は良いコラボだと思っていますしコナンとルパンの関係性がまるでコナンと怪盗キッドのようでとても面白いです。”VS”なんてうたっていますが、結局最後は協力するような形になるので、やっぱりこの二人も好敵手なんでしょうね!ルパン三世と名探偵コナンの両作品が好きな方は絶対見ましょう!

劇場版名探偵コナンおすすめランキングまとめ!

という事で劇場版名探偵コナンおすすめランキングをお送りしました!皆様いかがでしたでしょうか!個人的に第5位までの作品はどれも全て傑作と思っていますので、是非普段あまり名探偵コナンを見ないという方にも見て頂きたいです!好みの問題はあるかもしれませんがとても面白いですしおすすめです!

 

『純黒の悪夢』は予備知識が必要なので昔アニメを見ていたという方には少々不向きかもしれません。そういう場合は是非、『時計じかけの摩天楼』から順に見てみてくださいね(笑)なんなら原作本も全て購入しちゃいましょう(笑)

あわせて読みたい
漫画を全巻まとめ買い・大人買いするなら全巻漫画.com! 画像引用元:http://zenkanmanga.com/ Copyright(c) 2018 全巻漫画.com どうもバ...

それでは最後までお付き合い頂きありがとうございました。バンビでした!