指導員目線の話

子供の服装はラフなものが好ましい!

どうも!バンビです!今回は子供達の服装についてのお話です。早速ですが学童保育指導員の立場から言わせてもらうと、ジャラジャラ装飾品の付いた洋服とかTシャツの裾や首の後ろなんかで紐を結ぶような洋服は本当に止めて欲しいです。

 

遊んでる最中、取れたりほどけたりした時に子供が自分で直せるのなら何も問題は無いですが、低学年の子は自分で直せない子が多いのです。ほとんどの子が「先生ー取れちゃった!直してー!」って言ってきます。直すのは私達指導員の役目って感じです。

 

これではちょっと困ってしまいます。

低学年の洋服はラフなものにして!

ブランコに乗る女の子

洋服だけじゃなく靴も同じです。低学年の子にファスナー付きのコンバースなんて必要ないです。マジックテープの運動靴で十分じゃないですか?どうせ泥まみれにして帰るんだから。

 

ファスナー付きの靴を履いている子は10回中8回くらいは嚙ませていますよ。ほぼ毎日のように玄関でもたついているんです。そして最終的に「先生ーチャック出来なーい!」って泣きついてくるまでがお約束。

低学年はファスナー付きの靴をスムーズに履く事が出来ない!

もう勘弁してくれ!子供にオシャレなんて必要ない!

大きくなるまでオシャレはお預け!

装飾品の付いた洋服や靴はもう少し大きくなってからにして欲しいです。中学年くらいになるとちゃんと自分で出来るようになるんだからそれまで待てば良いのにと何度思った事か。直してあげるのなんて1回1回は大した事無い作業ですけど、それを毎回毎回何人もの子相手にとなるとさすがにこちらも嫌になって来ます。

 

それが指導員の仕事?いや違いますよ。指導員はお世話係じゃないんです。何でもかんでもやってくれる便利なお姉さんじゃないわ!なんて保護者の方に直接言えれば良いんですけどねぇ…言えないんだなぁ…。

指導員はなんでもやってくれる便利なお世話係ではない!

女の子は髪型の問題もあるよ!

これは女の子限定なんですけど、髪形ね。編み込みとかしてくる子チラホラ居ます。それは全然良いんです。「やって!」って言われて朝忙しいのにお母さん頑張ったんだなぁってちょっと微笑ましくなったりするので。

 

でもそれ、指導員は直してあげられません。「ママに取っちゃダメって言われたの!」って言われても、いや直せないし…って困っちゃいます。ポニーテールとかツインテール、お団子くらいなら割と誰でも出来るかなって感じですが、編み込みは出来る人と出来ない人がいるんですよ。なので指導員さんが直してくれるだろうみたいな考えは改めて欲しいです。

 

子供達って髪形とか全く気にせず寝っ転がったりするんで十中八九崩れます。なのですぐ直せる髪形の方が良いんじゃないかなぁと思います。編み込み可愛いけどね。

必ずしも指導員が髪型を直してくれるとは限らない!

子供の服装はラフなものが良い理由まとめ!

まあ子供はとても可愛いですからオシャレしたくなる気持ち、させたくなる気持ちは良く分かります。特に女の子の洋服や髪型って可愛いものが多いですしね。

 

もしひと手間必要な洋服や靴を着せたいのなら、お家で紐がほどけてしまった時や装飾品が取れてしまった時に自分で直せるような練習をして欲しいなと思います。

 

出来ないなら着ない。もしくは練習して出来るようにする。子供達よ、お願いだからなんでも人にやってもらうような子にはならないでね。

 

では最後までお付き合い頂きありがとうございました。バンビでした!