ブログ関係

ブログはちょっと感情的に書くくらいが丁度良い

どうも!バンビです!なんかね、今まで色んな人のブログを読ませてもらってきて思ったんですが、ブログってちょっと砕けた言い方してるくらいが丁度良いですよ!丁寧過ぎると筆者の感情とか気持ちが読み取りづらいですし、何より固すぎてつまらないんです。

 

面白いブログにするためには、個性を前面に押し出して、記事を書いている人物がどういう人物なのか文章からでも読み取れるような感じにすると良いと思います。

ブログは感情的に書く!

ノートパソコン

だからと言ってあまりにも感情的すぎるのも考え物です。”こいつ”や”じゃねーかな”といった尖りすぎた表現をしてしまうと離脱率は上がります。前々からそういうキャラでやってきていて固定ファンがちゃんといる人なら良いと思うけどね!

 

とはいえやっぱり機械的な表現って読んでいて楽しくないんですよね。私もブログ開設当初はかなり丁寧な書き方をしていて、自分自身書いていてあまり楽しくなかったんです。固すぎて。しかも言葉を選び過ぎて文章作りにもかなり時間がかかっていました。

 

でも、この記事のように砕けた表現をするようになってからは、記事を書くペースがかなり速くなったし、自由に表現出来ているような気がしてとても楽しくなったんです。イメージとしては、頭に浮かんだフレーズをそのままアウトプットしている感じでしょうか。

 

丁寧な表現が悪いとは言いませんが、私には砕けた表現が合ってるみたいです。

感情的にブログを書くと個性も出しやすい!

よく、ブログは個性を全面に出すと良いと言いますが、ぶっちゃけそれってかなり難しくないですか?文字だけで個性を出すってどうすれば良いんだろうってずっと思ってたんです。そして私なりに導き出した答えが以下の三つです。

・詳しいプロフィールを載せる

・ブログをカスタマイズする

文章に人柄を反映させる

まずプロフィール。自分が何者なのかという事を明かすのは一番個性を出しやすいです。そのプロフィールに合った記事が書ければ尚良し!私の場合は、学童保育指導員だから学童保育の記事を書くという感じで。

 

カスタマイズは、ブログの運営者がどんなデザインを好んでいるのか、というのが顕著に表れるのでこちらも個性が出しやすいですよね。

 

そして問題の文章。

 

記事の内容で個性を出すのも大事ですが、やっぱり筆者がどんな人物なのかを文章で表すのも大事だと思うんです。

 

ちょっと口が悪いけどノリの良い人、丁寧だけど面白い人、人が良さそうな人、かなり真面目そうな人etc…今挙げたのは、実際に私が色々なブログを読んで感じた、それぞれの運営者さんの人柄です。

 

人柄を感じ取れるだけでなんとなく親近感がわくんですよね。こう、変な言い方ですが、『あぁ、これ書いてるの一人の人間なんだなぁ』って。

 

ネットって基本的に画面に向き合っているだけですから、対人間って事を忘れてしまいそうになる事があるんですが、読んでいる記事が少しでも人間味を帯びているとなんか安心するんです。分かりづらいかな。

ブログではこれからも砕けた言い方をするよ!

私はこれからも砕けた言い方でブログを運営していこうと思います!この方が私らしい気がするし!

 

何より自分が書きやすく楽しいと思える方法が一番です。ちょっと感情的になるくらいが丁度良い!あ、でも『感情的=怒りを露わに』では無いので注意!そういうブログを運営したいという人はそれで良いでしょうが、あくまで穏便に、平和的に運営したいという人は、煽りとかは控えた方が賢明でしょう(笑)

 

感情的にっていうのは、“抑揚を付ける”みたいな意味ですよ!読んでいて楽しくなるような、共感しやすいような文章を書ければと思います!

炎上商法はお勧めしません(笑)

ブログの書き方まとめ!

という事で今回はブログの書き方に関するお話でした。もし今ガチガチの文章を書いている方がいたら、思い切って方針転換をしてみるのも良いんじゃないでしょうか!業務的、事務的な文章で人を飽きさせないというのはなかなか至難の業ですよ。

 

では最後までお付き合い頂きありがとうございました。バンビでした!