アニメや映画

名探偵コナン『ゼロの執行人』舞台挨拶レポ&本編感想

どうもバンビです!行ってきました!ゼロの執行人舞台挨拶!もうねめっちゃ興奮したし楽しかったしで大満足!始まる前も、TOHOシネマズ日比谷は初めてで若干迷いながらも開場の3時間前には到着するという浮かれぶりでした!

 

ていうかなんであそこ三つもTOHOシネマズあるんですかね。地味に謎なんですが(笑)

安室好きには堪らない映画『名探偵コナンゼロの執行人』

パンフレット

まあまあそんな訳で今回はその舞台挨拶のレポと本編の感想をつらつら書いていきたいと思います。長くなるかもしれないので覚悟してください!

 

テンションも高めです!

『ゼロの執行人』舞台挨拶レポ&本編感想!

と、その前に注意事項がありますのでよく読んでください。

・この記事にはネタバレが含まれます
・メモは取ってないのでキャラクターやキャストの発言を一字一句間違えず表記する事は出来ません
・次回作についても触れます

 

犯人が誰かは書きません。書きませんが、どんなシーンがあって誰がどんなセリフを発したかなどの細かい部分でのネタバレは有ります。まだ見てない!何もかもシークレットのまま見に行きたい!という方は速やかにUターンしてください。

 

本編上映中、舞台挨拶中は集中していたいためメモ等は一切取っていません。下を向いている人が居たら失礼かなと思いますしキャスト陣の姿を目に焼き付けておきたいですからね(笑)そのため、こんな感じの事を言ってたよーというアバウトな表現になる事が多々あると思いますのでご了承ください。

 

次回作は誰がキーパーソンとなるか等のネタバレも含みます。エンディングが終わった後の次回予告も楽しみにしている!最後の最後まで楽しみたい!という方は速やかにUターンしてください。

 

良い?ちゃんと言ったからね?読み始めてから「え!ネタバレしてんじゃん最悪!」とかなってもクレームは受け付けないからね?では早速!

『ゼロの執行人』舞台挨拶レポート

 

★登壇キャスト★
・高山みなみ
・古谷徹
・山崎和佳奈
・小山力也
・上戸彩
・博多大吉
・江戸川コナン(着ぐるみ)
・安村直樹(司会)
※敬称略

 

まず、司会は日本テレビアナウンサーの安村直樹アナでした。『シューイチ』やら『ZIP!』やらに出てるちょっとぽちゃっとした感じのアナウンサーですが、まあさすがプロだなといった進行ぶりで舞台挨拶は終始円滑に進んでいました。

 

今回の舞台挨拶は都内の公共交通機関が麻痺してしまっていた事もあり、遅れてくるお客さんが少なくなかったのですが、申し訳なさそうに会場入りしてくるお客さんに向かって、「今日は公共交通機関が乱れてしまっていますからね。ちょっと遅れてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが慌てずにご着席ください。」とお客さんとキャスト陣に対する優しいフォローの言葉をかけていらしてとても素敵でした。

 

それに対してキャスト陣、とくに高山みなみさんは「焦らなくて良いよ。危ないからね。」「ごめんねちょっと通してあげてね。」と遅れてきたお客さん、すでに着席されていたお客さんに向かって優しい言葉をかけてあげており、ちょっと羨ましかったです会場はとても和やかなムードに包まれました

 

また、その遅れてきたお客さんが舞台向かって右端の方の席だったのですが、遅れてしまって焦っていたのか何故か左端から席にたどり着こうとしており、それを見た博多大吉さんが「こっち(右の通路)から来た方が良かったんじゃないですか?」と冗談まじりに突っ込みを入れて笑いを誘ってくれました

 

遅れてしまったお客さんにフォローを入れてあげていたキャスト陣、とても素敵!

挨拶でも笑いを忘れないキャスト陣

キャスト陣の挨拶は、それぞれ今回の映画『ゼロの執行人』に登場するセリフを披露してからとなったのですが、まあ生で聞くと鳥肌が立ちます。古谷徹さんは「僕には命を懸けて守らなければいけないものがあるからさ。」高山みなみさんは「なんでこんな事するんだ!」山崎和佳奈さんは「助けて新一!お父さんが逮捕されちゃう!」だったかな!うろ覚えで申し訳ないですが、同じく参戦した方もし間違っていたら教えてください(笑)

 

小山力也さんはまあ安定のボケ担当でして、「新一(イケボ)、俺が大変なんだ!助けて!」「英理(イケボ)、帰ってきてくれー!」と、劇中では発する事のないセリフで会場を笑わせてくれました。というかセリフの途中で小山さん自身が笑っちゃっててそれに釣られて笑っちゃったんだけどね(笑)和佳奈さんに「たまにはちゃんとやろうよ…。」なんて突っ込まれていたのも面白かったです。

 

ボケと言えば大吉さんはさすがお笑い芸人なだけあるなぁといった感じで、第一声が「おはようございます。」でした(笑)字に起こすとただの挨拶なのですが、『あさイチ』のキャスター風な挨拶で「だって僕にとっての決め台詞はこれですから。」とここでもまた笑いを誘っていました。

上戸彩の登場にどよめく会場

少し前後しますが、キャスト陣が登壇した時のお話です。

 

上戸彩さんが大吉さんと共に登壇する事は事前に公開されていましたのでとても楽しみにしていたのですが、実際に登場した姿を見てビックリ!とっても細い!そしてとっても可愛い!上戸さんが登場した瞬間、周りから「ほっそ!」「可愛い!」なんていう声が聞こえてきました。

 

紺のストライプ柄ワンピースがとてもよくお似合いで、遠目で見ても可愛いのが分かるなんて…と私自身もかなり衝撃でした!いやぁ女優さんって本当に凄いんですね。こんな言い方は他のキャスト陣に失礼かもしれませんが、やっぱり一番キラキラと輝いていましたあれが芸能人オーラってやつなのかな。

 

上戸さんはとても謙虚な方で、和佳奈さんが今回のゲスト声優二人についてお話されていた時に、しっかりと和佳奈さんの方を向いて目を見ていらっしゃったのが印象深かったです。そして、和佳奈さんに「声を聞いてもお二人の顔が浮かばなかったです!良い意味で!」という誉め言葉を頂いていた時も、「嬉しいです。ありがとうございます。」と本当に心から嬉しそうにされていました。

 

なんか字にすると伝わらないのが残念(笑)本当に絞り出すような声での「嬉しいです。」だったんだよ!

衣装にも強いこだわりが!

今回、みなみさんはワインレッドのジャケットを、古谷さんは黒のジャケットを羽織っていたのですが、これは劇中でそれぞれのキャラクターが実際に着用している服なんです!つまり、コナンくんはワインレッドのジャケットを、安室くんは黒のジャケットを着ている描写があるんです。

 

描写があるっていうか後半はもうずっと着てた(笑)

 

最初は全く気が付かなかったのですが、みなみさんが「今日実は古谷さんと衣装を揃えて来たんだけど分かる?もう映画を見た人は分かるかも!」と仰っていて、あーなるほど!と。

 

更にみなみさんは、限定2000足のスペシャルグッズ、コナンくんモデルのキック力増強シューズ風スニーカーを履いており、マイクを通してダイヤルを回す音も聞かせてくれました。「ただこれ、カチカチするのにキック力は上がらない…。」なんて呟いてたけどね!(笑)

観客の持ち物にも触れてくれるサービス精神旺盛なキャスト陣!

どんだけサービス良いんだ!とビックリしたのですが、上戸さんが「凄い!羽場さんのうちわ持ってる人が居る!」とお客さんの持っていたうちわに触れてくれたんです。あ、触れるっていうのは物理的にじゃなくて話題にするっていう方の触れるね(笑)

 

羽場さんっていうのは大吉さんが演じたキャラクターですので、その言葉に対して大吉さんが反応したのですが、「なんと!ってその前に『執行して!』といううちわの方が気になりますが!?」とまた別のうちわに反応して笑いを巻き起こしておりました(笑)

 

こういうのを間近で見てしまうと、「あー自分も作って来れば良かった!」なんて後悔してしまいますね!去年の『から紅の恋歌』の舞台挨拶にも参加したのですが、その時はうちわのくだりが無かったので思い付きませんでした。なんか、コンサート感覚で来られる方も居るんだなぁと面白かったです。

 

来年はうちわ自作にコナングッズまみれで参戦するかも!?

ネタバレ有り!ゼロの執行人本編感想

ゼロの執行人

画像引用元:http://www.conan-movie.jp/ ©2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

さてさてお待たせ致しました。ここからようやく本編の感想に入っていきたいと思います。長すぎて読むの疲れたわ!という方は一度休憩してからまたいらしてくださいね(笑)

 

まず、大まかな感想としては「安室くんがかっこ良かった。」これに尽きます(笑)だってなんかもう安室くんのプロモーションビデオのような映画だったもん。安室、安室、安室!安室祭り!一体彼はこの映画でどれだけの女性を虜にしてしまったのでしょうか。舞台挨拶で古谷さんが仰っていました。「試写会の後、フォロワーが10000人増えました!」と。つまり最低でも10000人を虜にしてしまったという事ですよね。安室くん恐ろしい子。

 

ただその代わり、今回は蘭姉ちゃんがなんか大人しかったなぁという印象も。「お父さんが逮捕されちゃう!新一どうしよう!助けて!」となんだか泣いてばかりでいつもの強い蘭姉ちゃんが見られなかったのが少し残念。これについては、和佳奈さんも舞台挨拶で「戦わせれば強いやつなんで次回は沢山戦って欲しい。」と仰っていましたね。

 

やっぱり演じる側も見る側も思う事は似通っているんだなぁ。

前半は場面転換が多く駆け足な印象

正直、開始30分くらいで「うーん駄作っぽいかも。」なんて思っちゃったんですよ。静野監督の『沈黙の15分』がトラウマで(ごめんね静野監督)新監督になると聞いた時からバリバリ嫌な予感がしていたんです。そのせいでちょっと尖った目線で視聴していたという事もあったかもしれませんが、それにしてもなんかテンポが掴みにくいなといった印象を受けました。

 

少年探偵団がドローンで遊んでいる→サミット会場紹介→サミット会場突然爆破→毛利小五郎が容疑者に→毛利小五郎逮捕

 

と、この一連の流れが若干駆け足に感じて一度目の鑑賞時は置いて行かれた感がありました。「え、もう爆破?」「え、もう逮捕?」とあれよあれよという間に物語が進んでいきます。そのため、前半はあまり面白さが感じられず少々残念でした。これといった見せ場もないしただ淡々と進んでいくと言えば分かりやすいかな?まあ起承転結の起・承の部分だから仕方ないかもしれないけどね。

蘭姉ちゃんに違和感

上でもチラッと触れましたが、蘭姉ちゃんは新一新一ばかり言って泣いていてあまり役に立ちません。弁護士であるお母さんを頼るのは至極当然の事かと思いますが、「お父さんが逮捕されちゃいそうなのに新一が来てくれない!」って、ちょっとそれは「え?」と首をかしげてしまいます。

 

大変な時こそ側にいて欲しいという意味だとは思うのですが、今新一来たって意味無いでしょ…と心の中で突っ込んだのは内緒(内緒になってない)

 

蘭姉ちゃんに関しては、もうちょっと見せ場が欲しかったなぁというのが個人的な感想ですね。可愛いのにべらぼうに強い!というのが蘭姉ちゃんの良い所です。せっかくのキャラクター設定を生かし切れていない感じがしました。

 

それから、最近は『コナン(新一)が蘭を助ける』という描写が間接的過ぎてイマイチきゅんとしませんし感動もしません。蘭の知らないところでコナンくんが危機を救うという内容が多くて、もうちょっと直接的な助け方をして欲しいというのが正直なところです。そういう意味では昨年の『から紅の恋歌』の平次はクリティカルヒットで素晴らしかったです(笑)

 

新一と蘭の絡みに関しては『瞳の中の暗殺者』『迷宮の十字路』『銀翼の奇術師』『世紀末の魔術師』『水平線上の陰謀』『絶海の探偵』辺りが好物なので、是非とも原点回帰して頂きたいですね。

BGMがうるさい

本編の内容に関係なくて申し訳ないですが、BGMうるさすぎませんか?(笑)特にオープニング、プロローグの部分。毎年恒例の「俺は高校生探偵工藤新一~体が縮んでしまっていた!」という勝平さんからみなみさんにバトンタッチするくだりがBGMにかき消されて聞こえませんでした

 

いや、テーマソングは素晴らしいんですよ。昨年の和風アレンジから打って変わって電子音アレンジが加わりとてもかっこいい仕上がりになっていて。でもそれにしたってセリフが聞き取りづらくないですかね?もしかしてアレか?セリフに関してはもう何十回と聴いてる人が多いだろうから今年はBGMを前面に押し出して聴かせたろ!みたいな?(笑)

結構上手いゲスト声優二人

良い意味で期待を裏切ってくれたのがゲスト声優の上戸さんと大吉さんです。正直ゲスト声優に関しては必要ないのに…なんて思ってしまっているのですが、今回はなかなか上手いなと思いました。『絶海の探偵』の柴咲コウさん、『純黒の悪夢』の天海祐希さんと遜色ないくらいには上手でした。

 

まあそれでも本職の声優と比べてしまうと違和感ありありですがね!

 

でも上戸さんに関してはそこそこ声優経験がありますし、何より昔本人役で名探偵コナンのアニメに登場していますからそこまで拒否反応は出なかったです。というか彼女の成長ぶりに驚きましたね。

 

クライマックスで、上戸さん演じる橘境子が「思い上がるな!」と風見を怒鳴りつけるシーンがあるのですがなかなか迫力のある演技で素晴らしかったです。涙ながらに怒りをぶつけるという難しいシーンも見事に演じ切ってくれました

 

大吉さん演じる羽場二三一も、人に詰め寄り声を荒げるシーンがあったのですが、こちらも結構頑張っていたと思います(上から目線)ただちょっと、大吉さんの顔がチラついて笑っちゃいそうになりましたけど(笑)

後半はスピード感が素晴らしい!

最終的に安室くんとコナンくんは協力して犯人を追い詰めるのですが、そこに至るまでの安室くんとコナンくんの爆走劇がとてもかっこよかったです。いやいやいや!と突っ込みを入れたくなるような場所を走り抜けたり、そんな良い車を!と要らぬ心配をしたくなるような派手なドライブテクだったり、とにかくもう勢いが凄いです。まさかモノレールを使って片輪走行するとは(笑)

 

運転中の安室くんは普段の10倍かっこいいですよ!

 

ただ安室くん派手にやりすぎてちょっと迷惑っていうか最悪死人が出るような…(笑)まあそれは『純黒の悪夢』の時にも思ったんですけどね。人様の車の上に飛び乗ったり、車で体当たりして他の車を吹っ飛ばしたり、終いにはモノレールのレールの上を走ったり…公安っていうのは何でもありなのか?(笑)

 

違法捜査は自分たちで片を付けるって言ってたけど付けられるのかな。それとも道交法とかはガン無視?(笑)

コナンくんがずっと気になっていた事

無事に無人探査機『はくちょう』が警視庁に落ちるのを阻止した安室くんとコナンくんですが、軌道が変わり今度は毛利一家や園子らが避難している『エッジ・オブ・オーシャン』という施設に落ちる事になってしまいます。そこで安室くんとコナンくんは協力して最後の危機を救おうとするのですが、そんな時にコナンくんがいきなりこんな事を言い出すんですよね。

 

「ずっと気になってたんだけど、安室さんって彼女いるの?」

 

・・・・・はい?

 

えっとコナンくん、今、絶体絶命のピンチで何万人もの人が命の危機に晒されているんですけど…。何故、何故そんな事を今聞いたのでしょうか。ていうかそもそも何でそんな事がずっと気になっていたんですかね。あまりにも唐突な事で「え?」と声が出そうでした。この問いに対する安室くんの答えはこれです。

 

「僕の恋人はこの国さ。」

 

うーん分かる。分かるよ。安室くんにこのセリフを言わせたかったんだよね。でももうちょっと自然な成り行きで言わせて欲しかったなぁというのが正直なところです。勿論キャー!ってなったのですが、フリ下手くそかって言いたいデスネ(笑)

安室くんは忍者だった!?

雨に濡れる安室くんはめちゃくちゃかっこいいです。ドライブテクを披露する安室くんもめちゃくちゃかっこいいです。そんな何をやらせてもかっこいい安室くんの正体は実は忍者なのかもしれません。きっとそうです。忍者なのです。と、まあそんな冗談は置いておいて。

 

安室くん急に消え過ぎじゃない?(笑)

 

コナンくんの目の前から消え風見の目の前から消え…あれ!安室くん居なくなった!という場面が二度ほどありました。かっこいい演出だけどちょっと笑っちゃう。何より風見が不憫で不憫で…。

 

まだ風見が話してる途中でしょうがー!と突っ込みたくなりました(笑)

 

しかも、いくらコナンくんに盗聴器を付けられそれに気付かなかったとはいえ、そんなに腕を捻る必要ないでしょうが!風見に対して当たり強いよ安室くん!パワハラだよパワハラ!なんか私、ゼロの執行人を見てからと言うもの風見の事が気になって気になって仕方ないんですよね…これってもしかして…なんてね!

来年の劇場版名探偵コナンには久々に彼が登場!

怪盗キッド

画像引用元:http://www.ytv.co.jp/conan/character/character2/kid.html ©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

私これ予想してたんですよ。来年は絶対に”彼奴”が出るぞ!って。見事に大当たりしました。そうです”彼奴”です。月下の奇術師怪盗キッドです!まあ相変わらずキザなセリフを吐いてくれちゃってもう来年が待ちきれないじゃないの!なんて思いながら予告映像を見てました。

 

劇場版でのキッドの登場は『業火の向日葵』以来なので実に四年ぶりという事になります。その存在感のせいか、キッドは結構劇場版に登場しているような感覚なのですが、実は23作品中6作品にしか登場していないんですよね。なのでキッド出演作は意外とレアなのです!

 

それにしてもたった一言だけなのにあんなにかっこいいとか反則ですよね。来年の舞台挨拶は勝平さん登壇決定かな?絶対チケット取りたい!

あわせて読みたい
【劇場版名探偵コナン】怪盗キッドが登場する映画を全てご紹介!どうも!バンビです!今回は劇場版名探偵コナンの中から怪盗キッドが登場する作品を全てご紹介したいと思います。怪盗キッドの事が好きで好きで堪...

ゼロの執行人舞台挨拶レポ&感想まとめ!

ブレスレット

という事で長くなりましたが名探偵コナン『ゼロの執行人』舞台挨拶レポート&本編感想でした!いやぁ安室クラスタじゃない私でも結構キャーキャーなりましたので、クラスタさんもそうでない方も是非劇場に足を運んでみてください。ちなみにアクションシーンだけでなくミステリー部分もなかなか凝っていて良かったですよ!

 

最後にこのアイキャッチのグッズだけ紹介しておきますね。今回のグッズは緑と黒を基調としたデザインになっていてクールな感じです。昨年はオレンジと黒だったのでまたちょっと印象が変わりますね!

 

私はこの後コナンカフェが控えていてあまりグッズにお金をかけられずブレスレットしか購入しませんでしたが、かなり沢山のグッズが発売されていますので、興味のある方は是非!ちなみにこのブレスレットは結構スカスカです(笑)帯状のブレスレットはピタッとしていた方が可愛いと思うのですが、まあ仕方ないですね。こちらも興味のある方は是非!

 

では、最後までお付き合い頂きありがとうございました。バンビでした!