戯言

体育の持久走は少人数制にすべきだと思った

どうもバンビです。

 

大人になってから本格的にランニングを始めて思ったんですが、小学校と中学校の体育の授業で持久走ってあったじゃないですか、あれ、少人数制でやるべきじゃないのかなって。

 

というのも、実は私持久走が大大大大大嫌いだったんです。

持久走ってなんでみんな同じ距離走らされるの

持久走

今思えばたかだか1000m走るだけのなんて事のない授業なんですが、当時は1000mなんて滅多に走らなかった距離だしめちゃくちゃ苦しいしで直前にお腹が痛くなるくらい嫌な授業だったんです。

 

そのせいで私、走るの大嫌いってずっと思い込んでました。あんな苦しい思いをしてまで走る意味ってなんなのってマラソンランナーを見る度に思ってました。でも、自分が走るようになった今私は走る事が大好きだったんだと実感したんです。

 

私が嫌っていたのは長距離を走るという行為ではなく持久走という授業そのものでした。

 

そもそもおかしいじゃないですか。歩かず走り切れる子も走り切れない子もみんな等しく1000mって。(男子は1500mだった)水泳は、25m泳げる子、25mは無理でも数mなら泳げる子、全くダメな子でコース分けされていたのに、持久走はみんな同じ距離を走らなければいけない。こんな理不尽な事あります?数学ですら出来る子と出来ない子に分けて少人数授業を行っていたというのに。

 

持久走も、歩かず走り切れる子と走り切れない子で別れて授業を行った方が走れない子も楽しめると思うんです。

 

普段走らない子や運動が苦手な子にいきなり1000m走れなんて言うから苦しい=走れない=後ろの方=恥ずかしい=大嫌いなんていう風に思ってしまうんじゃないでしょうか。少なくとも私はそうでした。

 

だから、走れない子たちは500mからスタートして最終的に1000m走り切る事を目標にした方が自分自身の成長を実感する事も出来て良いんじゃないかなって。

 

タイムが数秒上がったところで、陸上部じゃないんだからあまり嬉しくないんですよ持久走が苦痛な人間からしたら。でも、もしプラス500mも走る事が出来るようになったら物凄く嬉しいし達成感が味わえると思いません?実際ランニングで3km走り切れるようになった時、私は今までに感じた事のない達成感を味わいました。

 

1000m走る事すらしんどかった私が、走る事が大嫌いだと思っていた私が、今では3kmも走れるようになったんですよ?しかも楽しんで。持久走という授業がもっと走れない子達に寄り添った方法で行われていたら、私はもっと早くにランニングに目覚めていたと思います。

 

走れる子たちはそりゃもうどんどん走ってくれちゃって良いですが、苦手意識のある子でもとにかく長距離走らせるっていうやり方はどうなんだろう。

 

長距離走る事の楽しさを教える事も重要だと思いませんか。

 

遅くても良い、ビリでも良い、とにかく1000m走ってみようなんて言われても思春期にみんなの前で恥をかくというのはかなりつらい事です。こんなやり方では仮病で見学したり持久走があるから欠席したりなんていう子が出てきても仕方ないと思います。

 

まあ甘えと言われればそれまでなんだろうけど、せっかく体育という授業の中で長距離走に触れる機会が設けられているのだから、どうせなら嫌いになる子を増やすのではなく好きになる子を増やした方が良くないですか。

 

私は持久走は大嫌い。でもランニングは大好き。何故なら、無理せず少しずつ持久力を付けていく事が出来るから。持久走も同じようなやり方にすればもっと楽しめる子が増えると思うんだけどな。

 

と、まあランニングを始めてそんな事を思ったわけでした。